大匙屋

健康第一

2009秋アニメ 3篇  

今期ダークホースは「戦う司書 The Book of Bantorra 」じゃないですかね。
これは大化けするかもしれないですよ。

banner_bantorra0907.jpg




序盤について その4


FAIRY TAIL [TX] http://kc.kodansha.co.jp/fairytail/
ヒロイン・ルーシィがフェアリーテイルに参加したいと願う動機や
ナツが彼女をそこへ誘うに至った心情表現が今ひとつ物足りなかった。
有象無象が集まるギルドなので元々来る者拒まずなのかもしれないが
2人の出会いにはもう少しドラマティックなものがあって良さそうなのに。
そのせいかルーシィは解説役にもならないリアクション要員に留まっているし
ナツの言う「仲間」にも重みが欠けてた気がする。すべてはこれからか。

レイアウトも作画も全体的に悪くないと思うが
建築様式とかプロップデザインとかが地味過ぎる気もした。
ここはタメて欲しかった、みたいな演出も随所にあるけど
単に慣れや好みの問題かもしれない。良いところも多々ある。

連載開始当初、某作品に酷似した絵柄で叩かれた原作だが
いまや単行本累計950万部を売るマガジン看板作品だそうで。
それだけ売るからには、必ず何か人を強く惹きつけるものがあるはず。
まだ始まったばかりで見えてこないが、何かはきっとあるのだろう。


11eyes (12) [CTC] http://mmv.co.jp/special/11eyes/
僕は中二病っていう言葉が大嫌いだけど中二病設定は大好物で
この作品はまさに、これを待ってましたという感じ。
全編どこを切っても打てば響く中坊レベルの誇大妄想、だがそれがいい。
こういう愚直なまでの類型アニメを斜に構えて見下すのはバカのすること。
伝統芸能を鑑賞するような明鏡止水の心境でひたすら様式美を堪能するべき。
念のため言っておきますが皮肉ではなく、誉めてます。

小野大輔にはかしこまって「私が守って差し上げます」とかじゃなく
「俺が守る!何があっても!」とかいう倒置法が悲しいまでに似合う。

惜しむらくはもっとパースを!金田光を!ビル倒壊を!巻き上がる炎を!
そういうのはこれから出てくるんですかね。
原作とはだいぶ違ってるようですが。期待しますよ。


DARKER THAN BLACK -流星の双子- (12) [MBS] http://d-black.net/
2期は1クールということで探偵コンビなどの遊び回はなさそう。
各巻6000枚前後、微妙といえば微妙な売り上げだった前作なので
今回は投資額が抑えられたってことなのか。
発売されるDVDには外伝的な新作OVA全4話(漆黒の花?)が含まれるらしく
時節柄展開手段をいろいろ模索してるんだろうと感じる。

作品内容に関しては・・・
なんというか、ああ無から重火器とか生み出しちゃうんだ、とか思った。
バラエティに富んだ能力者が頻出するのはこの作品の魅力のひとつだけど、
とうとうそういう反則技使っちゃうの?しかも主人公側で?というのが
ひとつの不安要素。もう何でもアリになっちゃいそう。杞憂であればいい。

すでにあちこちで話題作となっているので色々言う必要はないだろう。
あのね商法だけはナシにしてください。望むのはそれだけです。



スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/179-d2c5c632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)