大匙屋

健康第一

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2009夏アニメ 5篇(3)-2  

狼と香辛料Ⅱ (12) [tvk] http://spicy-wolf.com/
要するに今期は、最終的にロレンスが朽ち果てるまで添い遂げる、
その覚悟をホロがするという着地でしょうかね。

軽妙な会話の所々に面白い演出が挿んであって
それを見つけていくのもけっこう楽しい。
さりげなく酒場の店主に払う現金を見せておいて、
二杯分の酒の値段を明示したうえで
別の酒場で情報を得るため上乗せした金額の大きさを見せるとか。
あるいは
「宿での声の大きさに気をつけろ」とカマをかけられ
一瞬たじろぐロレンスの足を速攻で踏むホロとか。
色んなことを見透かされる危険を回避するという意味で
このへんはファインプレーですね。
こういう「芝居をしてる感じ」の演出は最近のアニメには貴重。

実質的に全2話のエピソードなんで、もっと詰め込んでもよかったと思うけど
意外性はないにせよ読めない展開、演出が演出以上の意味を持つ腹の探り合いなど
見所はけっこうあって良い出来だと思う。

惜しむらくは、およそ賢狼らしからぬ小娘のようなホロの振る舞いや
成功して尚危ない橋を渡ろうとする商人としてのロレンスの動機など
作中で一応説明されてはいるけど、今後も続編をやるには
少し弱いかなという気もする。
会話劇としてもよくできてるけど、「署名『捺印』」はどうかと思った。

とりあえず今期初のをつけておきます。



■(ノイタミナ) 東京マグニチュード8.0 (11) [CX] http://tokyo-m8.com/
グロや陰惨描写は別にこれ以上必要とは思わないけど、
砂埃と太陽光線と汗でジトー悪臭腐臭ブワーみたいな質感は足りなかった。
要するに綺麗過ぎるんだ。道路もなんだか片付いちゃってるし。
タワー倒壊は前半最大の見せ場と思うのでもっと派手さが欲しかった。
映像的な派手さは追求しない方針だったとしても、あそこだけは。

通常のアニメより線もモブも断然多くならざるを得ないので
そこは作画スタッフが相当頑張ってると感じる。
とくに余震の不気味さや、いくつかの二次災害シーンの表現などは
たまにゾっとするカットもあったりして、よく出来てるなあと思った。

展開に関しては・・・わりとストレートに鬱。
こういうのは久しぶりに見たんで、新鮮だった。
もっと狂気な方向に針が振れてるほうが僕としては好みだけど。

子供を使うのは、楽なんだよ。簡単に可哀想な話にできる。
子供が痛い目に会うのは誰も見たくないから、そこはカットできる。
子供が危険な場所を移動するだけで、道中に何も起こらなくても、
無事に到着すれば見ている側はほっと安堵するわけです。
それは災害モノの演出としては、やっぱりズルイよ。

現実の姉ってのは当然のように弟をひっぱたき、平気で置き去りにしますよ。
弟ってのは周りが殴りたくなるくらい我儘言って大声で泣き喚く。
見ていてなんだか嘘っぽい弟だなあと思ってたら
終盤ああいう展開だったんでビックリした。

子供を使うことで楽をする代わりに
制作はどういうところに果敢に切り込んでいくのか、
そういう挑戦が僕としては一番見たかったんだけど。







スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/170-535227c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。