大匙屋

健康第一

2009夏アニメ 5篇(3)-1  

宙のまにまに (12) [CTC] http://mmv.co.jp/special/soramani/
野放図で豪放磊落なヒロインの設定/絵柄が許容範囲であるかどうかや、
内省的で大人しいタイプの人を見て「つまらないから放っておこう」と考えるか
「なんとかお友達になって楽しませてあげたい」と考えるか
そんな至極個人的性質・嗜好の部分で大きく評価が分かたれる作品かも。

最初は「のだめカンタービレ」的なものをやりたいのかと思ったけど
少し違うようだった。人と人が欠点を補完しあって成長していく話ではなく
ありとあらゆる感動をもっと大勢で共有しましょうという話っぽい。
エロ関係は一切排除して美しい星空を眺めひたすらに各人物が感動を語る。
語りには体言止めが多用され陶酔したような雰囲気。
ストーリーはとてもシンプルで、行間というものがないため
語りの部分は取ってつけたように浮いて見える。

いわゆる「文化部モノ」としてひとつのエポックに類する作品で
そこに「天文部」を持ってきたのは手垢がついてなくて面白いと思ったけど
想像していたよりは話が広がっていかない感じがした。
無理に恋愛模様に持っていくより、不思議要素を盛り込んで
ロマンチックなSF仕立てにしたほうが盛り上がったんじゃないか。

夜空の描写などは季節によって実際に見えるとおりに作りこまれていて
かなり微細に渡るコダワリが見られる(らしい)。
とにかく非常に丁寧な仕事をしているのは認める。
だが「人間ってそこまで単純なものだろうか」という疑念が払拭できない。
なんかディズニー映画や教育テレビを見てるみたいな気分になる。
多分僕がピュアな感性をとっくに失ってるせいなんだろう。


大正野球娘。 (12) [TBS] http://www.tbs.co.jp/anime/taisho/
女の子達が野球を通してどういう価値観を創造し
またどのようにそれを共有してるかの表現が不足してる。

そういう部分を通じて見えてくるはずの各個のパーソナリティも
あまり伝わってこない。
例えば主人公以外の少女について、好きな食べ物や
性格的な傾向や、普段の生活や、仲間や野球に対する思いなど
具体的な設定はわからないままだ。

あるいは男子チームへのリベンジをあからさまに「最終目標」に掲げるとか
グループの具体的な達成計画が明示されていれば印象は変わったかも。
彼女たちが「野球をすること自体」を楽しむことができていて
そこがゴール/自己完結しているとしたら、やっぱり現代とは価値観が
違うんだなという話で終わってしまう。
あるいは、ただのフェミニズム礼賛アニメになってしまう。

要するに、最低限「ボロ負けして本当に悔しい」という感情が
もっと掘り下げて共有されるべきだったなと。
「何故この時代に、女の子なのに野球をやるの?」という問いかけそのものが
作品のテーマのはず。彼女達には強烈な動機が与えられて然るべきだろう。
だが現状は見所の少ない普通の女子野球部の話になっちゃってるように思う。
舞台が女学院だからかな。
野球部があったらあったで別に違和感なく収まってしまう。
これだと話は転がしにくいだろう。



■(NOISE) 青い花 (11) [CX] http://aoihana.tv/
僕は百合耐性はそこそこ強いほうだと思ってたけど
この作品の序盤はなんか気持ち悪かった。
萌え風でない素朴な絵柄と、我執と情欲にまみれた精神世界とが
今ひとつ自分の中でマッチせず
どうしても序盤はフミがビッチに見えてしかたがなかった。

だが見続けていくと普段は余裕ぶった表情の井汲京子(cv堀江由衣)が
杉本先輩の前で短所を曝け出し精神的に丸裸になるギャップが可愛くて
若い頃ならそういう機微をうがつ表現など理解しなかっただろうけど
ああ、今なら少しわかるわと四十肩を揉みつつ茶を啜る。



この「青い花」で凄いなと思ったのは木洩れ日のエフェクト。

090907203014.jpg
090908025335.jpg

特殊効果:佐藤敦さんの仕事かなこれ
初めて見た瞬間うわー綺麗と思って感心した。
JCスタッフの作品は見続けているつもりだけど
最近のJC作品でも使われてたっけかな、こういうの。

これはもう、京アニに対抗してJC光と呼んでもいいようなクオリティだと思う。
まぁ、実際に車内にまでこういう光が差し込むかは置いておいて。
レイヤ処理で移動に合わせて動いたりするシーンもあって
一見の価値がある。
技術として汎用性が高そうだし
そのうち他のスタジオも真似するんじゃないかな。


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/168-ee9e6d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)