大匙屋

健康第一

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「宇宙をかける少女」が描くべきだったもの  

ハコ人間とは結局終身雇用制のようなもので
魂をアウトソーシングして安寧を得るシステムであり
それが究極的な合理化社会のあり方であると
少なくともネルヴァルは確信していたはずだ。

それに対し「自己を実現する」というパラダイムシフトを
突きつけてきたのがレオパルドであり、
「自分にしか出来ない何か」を捜し求めていたのが秋葉であり、
それが「宇宙をかける少女」という存在の意味であるべきだ。

この構造は言ってみれば80年代的なもので・・・

終身雇用が成長を支え経済大国へとのし上がってはみたものの、
会社勤めで一生社会の歯車となる人生を嫌い、
「自分の意志で就職しない」フリーターというものが登場し
いわゆる自分探しといった個人主義が礼賛される時代が到来。

そうこうしているうちにバブルが崩壊し、利益確保のために
企業は非正規雇用を進めるようになった。
外圧で雇用規制も緩和された。
いつかは就職しようと思っていたフリーターはここでハシゴを外された。
しかし今更あせってもしかたないので「ナンバーワンじゃなくて
オンリーワンになればいいのさ~」とか呑気に歌っていた。

状況はどんどん悪くなる。雇用制度は崩壊し、失業率も増大し続ける。
今となっては選択の余地すらなく、非正規雇用以外に生きる道は
ない人だっている。

そこで「いいや、フリーターでいいんだよ」と自信を持って言い切れるもの、
今の世の中に、説得力を持ったサジェッションを展開することができたなら
この「宇宙をかける少女」は神作品となり得ただろうし
視聴者はそれこそを期待していたはずだ。

「ハコ人間」という価値観を一蹴できる「何か」。
具体的な意味は謎だけど、「宇宙をかける少女」という作中キーワードは
きっとブレイクスルーを目指しているに違いないと
誰もが理解していたはずだ。


しかし残念ながら物語は、この命題に解を与えることを避け
自我を暴走させた友人を少女が救うストーリーへと変化した。

最終局面で風音がどういう絵を描いていたのか、
そもそも「宇宙をかける少女」とは何なのか、
どうすればラスボスとしてのネルヴァルを倒せたのか、
そういう問題がすべて流動的になって
「人類のあるべき未来を切り拓く」はずの物語から
いじけて引きこもった友達を蹴っ飛ばして
現実にひき戻す決着となった。

それなら確かに等身大の秋葉にも出来そうな気はする。が、
物語としての煮え切らなさはどうしても残り続ける。

友人を救うことは本来、素の秋葉にも出来るはずなのだ。
宇宙をかける少女・秋葉にしかできないことを我々に見せる、
その命題から制作陣は逃げた。




http://www.sorakake.net/


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/159-0ff1c518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。