大匙屋

健康第一

アニメバブルについてちょっと説明  

前回のエントリーに関する話なんですが、
2006年になんであんなにいきなり作品数が増えたのって聞かれまして
ついでなんで若い人向けにごく簡単に経緯を説明しておきます。
ていうか中学生向けに書いてみます。



アニメってのは通常、版権で商売します。これは手塚治虫が作ったモデルです。
最初はお子様向けのオモチャやお菓子の売り上げのライセンス収入などでした。

バブルの崩壊というのが90年代の最初にあって
どんどん会社が潰れました。
生き残ったオモチャメーカーやお菓子メーカーも
あまりアニメ製作にお金を出せなくなった。

従来ロボットアニメというのはプラモやオモチャで儲けるアニメだったのですが
スポンサーになってくれる会社がなかなかみつからないのでアニメを作れない。

そこでガイナックスという当時からかなりトガっていた会社が
レコード会社と組んで作ったアニメが95年の「エヴァンゲリオン」です。
この作品でオモチャではなくビデオソフトや音楽CDで資金を回収する仕組みができた。

レコード会社も版権が欲しかったわけです。だから映像分野に手を出したかった。
音楽はどんどん売れなくなっていきましたが、映像ソフトに進出したおかげで
現在に至るまでレコード会社というのはほとんど潰れていません。

この「エヴァンゲリオン」という作品がちょっとクセのある作品だったため
若者向けサブカルチャー誌の「クイックジャパン」が特集で取り上げ
それによって一般人気に火がつき、久々の大ヒットアニメになった。

この大ヒットに目をつけた海外市場が軽い争奪戦状態になり
それまで安く買い叩かれていた日本アニメが
「エヴァ」で初めて1話1万ドルとかで売れたわけです。

これで、できあがったアニメを「海外に(高く)売る」という収益方法が増えた。
そして99年に「ポケモン」が北米でTVシリーズ・劇場版で総額100億円を越える
記録的なヒットを飛ばしたのです。

このヒットが持続している間に「AKIRA」が北米DVDチャートで1位になるなどし
「日本アニメは世界で大人気!」みたいな話になりました。
まあ、そういう報道はいつも大げさなんですが。
ジャパニメーションなんていうよくわからない言葉もはやってましたね。

2003年に「千と千尋の神隠し」がアカデミー賞長編アニメ映画賞なんかを獲り
これ以降2004年までは日本アニメも1話4~8万ドルで取引されるなど
この世の春みたいな勢いでした。ぶっちゃけこの頃がピークでした。

日本のアニメは、当時はとにかく作れば買い手はつくという状況だったため
2005年までは投資投資でドッカンドッカン作りまくる状態だったわけです。
これが2006年にいきなりタイトルが増えた主な理由です。要するにアニメバブルです。


ただ、買い手がついても全部がお客さんに売れていたわけではなく
北米に限らず在庫の山を抱えて倒産したライセンス会社もありました。
売れていたのは、日本アニメに追い風が吹いて期待値が膨れ上がり、
それが投機マネーを呼び込んだからであり
2006年以降北米のDVD市場が伸び悩むと
とたんに一部の人気作品以外のアニメは放送局からも流通大手からも締め出され
現在の日本アニメは縮小しつつ新しいビジネス展開を模索中、といったところ。
ちなみに今現在の海外での単価は人気作品でも1話2万ドルがいいとこだそうです。


以上簡単な説明おわり



スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 3

コメント

以前エントリー内のコメントでザムドの配信のやり方に思うところがあると仰っていたのもビジネス的な意味でしょうか?
もしそうでしたらその件について是非お伺いしたいです。

URL |  #-
2009/04/08 12:39 | edit

ザムドに関しては何をどう評価しても、結局プラットフォームの
ちょうちん記事になっちゃうと思ったんですよ。
アレがPSストア→DVDの販売形態でリクープできないのは
誰の目にも明らかでしょう。あれほどのクオリティですし。
だからDVD発売より前に地上波で放送しないはずが
ないと思ったわけです。
僕は秋頃かなと思ってたので、予測より早かったですけどね。

ああいう試みは決して否定しないですが
ああいう売り方ばかりになっても困りますからねぇ。


余談ですけどBONESは今後2年以内にニコ動に参入する
かもしれませんよ。ソースは僕の妄想ですが。

URL | 大匙屋 #pBoZlR9Y
2009/04/08 18:32 | edit

製作委員会方式を始めたのはブルーシード。

>この作品でオモチャではなくビデオソフトや音楽CDで資金を回収する仕組みができた。

でなくて

>この作品でオモチャではなくビデオソフトや音楽CDで資金を回収する仕組みが(業界に)広まった。

が正しい。
あとエヴァが海外に売れたのとポケモンが海外に売れたのは直結するような書き方がされてるけどこれは違うように思う。エヴァが国内でヒットすることを目指してたのに対し、ポケモンは最初から海外を意識して作られているあたりが大きく異なる。

URL | bigbren #-
2009/07/29 04:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/151-f1af4c83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)