大匙屋

健康第一

地獄少女における脚本家・高木登のポジション  

地獄少女シリーズは1話完結、物語類型としては一種の禁室物であり
恨みや憎しみの連鎖が毎回どのように繰り広げられるかが見所であるため
シリーズ長期化によって様式美に染まりがちな展開が問題になるが
チーフ脚本の金巻兼一は基本プロット管理に専念し
投入する各話ライターの自由度をあげることで
形式化の回避を試みているように見える。

その中でもやはり高木登・脚本回の出来が抜群にいい。
先読みを見越したミスリードの上手さや意表を突いてくる展開
バンクやお仕置きシーンを極力排除した濃密な構成
それでいてあくまでも平易なダイアローグ、そして極端な後味の悪さ。

善悪二元論で割り切れない世界観表現を一手に引き受けるため、
逆に他のライターは気兼ねなく様式美に特化できてしまう。

わかりやすく言えば、地獄少女における高木登のポジションは
パスを出すことにより山王・沢北を抜けるようになった流川楓である。
わかりにくいかもしれないけど。


もともとJホラーのシナリオからキャリアスタートした高木は
シリーズ構成を担当した「BACCANO!」スタッフブログでこう語っている。

「怖い」「怖くない」ではなく「面白い」「面白くない」の論理で作品を
つくりたいというフラストレーションが限界までたまっていたのです。
だから『地獄少女』の仕事は大いに堪能させてもらいました。
「どす黒い内心」(笑)を発露させてなおスタッフによろこばれ、
かつ視聴者にも受け入れられたのははじめての経験でした。


すでに切ってしまった人やシリーズ未見の方は
高木回だけ拾い見してみるのも一興かと思う。
おそらくどのエピソードを選んだとしても
それが高木回なら、この作品の醍醐味を確実に感じ取ることができる。



高木登・脚本回

地獄少女 第12話 「零れたカケラ達」不登校女生徒と教師
地獄少女 第14話 「袋小路の向こう」悪そうな町長と貧乏親娘
地獄少女 第23話 「病棟の光」非の打ち所のない看護士

地獄少女 二籠 第06話 「陽のあたる場所」保健室登校の少年の恋
地獄少女 二籠 第11話 「遠い隣室」アパート前で野良猫を拾う★
地獄少女 二籠 第18話 「あのひとの記録」母の介護

地獄少女 三鼎 第05話「うつせみ」モンペア婆ちゃん★
地獄少女 三鼎 第11話「滲んだ夏」猟奇小説をめぐる殺人事件とマスコミ
地獄少女 三鼎 第16話「誘惑の罠」工場で働くロリコン青年★


公式ページ

スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 5

コメント

縛乳

それ程でもないサイズなのに、みだりに巨乳、爆乳が使われている気がします。

http://www.xn--1-ku6a615i.jp/

URL | 縛乳 #-
2009/02/01 15:56 | edit

不本意ながらハイパーリンクをNGワードに設定

URL | 大匙屋 #pBoZlR9Y
2009/02/02 17:35 | edit

皮肉にもコメント欄に注目いく結果になったし、俺がこれから毎回コメントするよ。サボるなよ

URL |  #-
2009/02/03 01:58 | edit

あ、コメントついてると思って
ページ開いたらスパムだったときの
筆舌に尽くしがたい絶望感

そんなものを誰かと分かち合えたら素敵ですね

URL | 大匙屋 #pBoZlR9Y
2009/02/03 02:34 | edit

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒musouoroch.blog79.fc2.com
でブログをやっているきみきといいます。
色々なサイトをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを残してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

URL |  #-
2009/02/07 19:42 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/140-f525e9bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)