大匙屋

健康第一

桜美かつし演出「とらドラ!」の陰影と構図  

第04話 「あのときの顔」 絵コンテ 井出安軌 /演出 桜美かつし

snapshot2009012500133102.jpg

屋上にいる大河と竜児、
竜児は大河の北村へのアプローチに協力し続けてきたが
北村がかつて大河に告白して振られていた事実を知った竜児は
「なんてもったいないことを」と嘆いてみせる

この時竜児は昇降口付近の影にいて、強いコントラストがかかっているが
照明の当たらない観客席(視聴者)と意味的に同じ位置に竜児がいて
「もったいない」という表現で視聴者の率直な印象を代弁するため。

大河は夕陽に背を向けて歯をくいしばる。
影は過去を象徴しており、このとき大河の顔に影がかかるのは
かつてそういうことがあったけどその時は仕方がなかった、
今更どうしようもないという強い憤りを表現している。

snapshot2009012500144102.jpg

大河が率直な心情を吐露する際に、周囲の空間には人気がなく
大河と竜児の2人だけであることを視聴者に意識させ、
また「現時点では硬直した手の打ちようがない事」について
語る象徴として金網越しの視点を挟む。

snapshot2009012500140702.jpg

回想時の北村の顔が影になっているのは、この時の北村の表情が
大河にとって二度と取り戻すことのできない過去であり
抽象化できないたいせつな記憶であることを強調するためかと。


第16話 「踏みだす一歩」 絵コンテ 山本英世/演出 桜美かつし

snapshot20090125003103003.jpg

北村にとってのカリスマである生徒会長の立ち位置には入射光があり
それに背を向けて表情に影を帯び、一歩を踏み出せないでいる北村。
生徒会長が北村の背を叩くと、心情の変化とともに北村の顔に光が当たる。

snapshot2009012500465602.jpg

事態収拾後の亜美とみのり。
親友を自負しながら大河の本心に気づけないでいたため
複雑な表情を浮かべるみのりに
「罪悪感はなくなったか」と追い討ちをかける亜美。
亜美がしもてに掃けることで背景が集中線となりみのりの心情に差し込む。
皮肉を言っても何も得られないことを亜美も知っているので一人唇を噛む。

いずれも陰影やコントラストを効果的に利用することで
登場人物たちのやりきれない心情を表現している。


第09話  「海にいこうと君は」 絵コンテ 恵瑛太/演出 桜美かつし
陰影に加えてレイアウト。
真横からのカットを多用することで各シーンの対比が顕著になる。

snapshot2009012500032402.jpg

竜児とみのり。
二人の位置関係は安定していて、近づくことも遠のくこともなく
シーンを通して一定の間隔を維持し続ける。
この時点でみのりの恋心に関しては明示的に語られておらず
みのりは暗い位置に、竜児は背中に室内の光があたっていて
竜児の心情は何とかしてみのりに近づこうとするが
二人の距離と構図が完全に安定しているため思うように動けない。
みのりの表情に影が落とされたり、鼻から上が見切れたりで
みのりのとって竜児の存在は警戒か歓待かを匂わせない。

snapshot2009012500022001.jpg

大河にとってこの北村との距離は近過ぎるものであり
極端に左寄りの不安定なレイアウトが
そのまま大河の心情に重なる。
このシーンでは北村のアップは一切使用されず
視聴者を大河の挙動と心情だけに注目させるように作られている。

snapshot200901250000570201.jpg

腹痛が治り、食事後くつろぐ大河と竜児。
真横からの構図だが、若干右よりの配置であることに注目してみる。

竜児の背中に大河が足をあてて2人とも同じ方向を向いているが
前方に空間を作ることで温かみのあるシーンにわざと不安定感を作っている。
このシーンで完璧に安定した構図を作ってしまうと
「もう大河×竜児のカップルでいいじゃないか」という強い印象を
与えてしまう。
だがこの話はそう簡単ではない、まだまだこの先があるのだという
さらなる展開を、微妙なレイアウトによって予感させている。



見出そうと思えばあらゆるシーンに計算された意味を見出すことが出来る
これまでヒットらしいヒット作に恵まれてこなかった桜美かつしさんにとって
「とらドラ!」はようやく巡り会えた、その実力を如何なく発揮できる
作品となる気がします。

「よみがえる空」などについて語りたい気持ちもあるのですが
膨大になってしまうので、また次の機会に。


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/138-204f3e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)