大匙屋

健康第一

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

菅野よう子パクリ問題について僕が思うこと  

僕は80年代後半に佐野元春に心酔していたことがある。
今でもデビューから「Cafe Bohemia」までの楽曲はソラで歌える。
これだけでピンと来る人も多いだろうが、
やはり僕もポール・ウエラー/スタイル・カウンシル作品との出会いによって
佐野元春の音楽に失望し、それを聞くのを完全にやめた。

少年の頃は「彼こそオリジナルだ」と信じて疑わなかったが
結局のところ佐野は商業主義が生み出した「ロックスターを演じる人」であり
そのこと自体の是非を問う必要などまったくないが
より高次の存在に同一化して陶酔したい少年期に傾倒することはあっても
人生をともに歩みたいと希(こいねが)うほどの絶対的カリスマではなかった。
それは現在の邦楽シーンにおける佐野の中途半端な立ち位置を俯瞰すれば
多くの人にとって同様の周知的事実であると認識できるはずだ。

その後僕は90年代のデトロイト・テクノの突発的な誕生を目の当たりにし
アシッド・リヴァイバルを経験してハウス音楽を受け入れていったが
より商業的で下世話なダンスミュージックをすんなり受容できた原因は
自分の中で佐野というロックスターをある意味で打倒してきたことが
経験として活かされたからだと思う。
(ちなみにこの分野には「リスペクト」という愛国無罪みたいな
パクリの免罪符があるんだけどね)


こうした経験を踏まえたうえで菅野よう子に関する一連の騒動を見ると
口幅ったいのだが、なんだかとてもカワイイものに見える。

シロかクロかで言えば菅野は単純に真っ黒で
SACなどの劇伴を聞いていても、ああ完全にビョークやねと苦笑してしまう。
そして、こういった状態に感情的にならざるをえない若いリスナーがいることも
充分に理解できる。

憶測だが菅野にしろ前述の佐野元春にしろ、基本的に悪気はなく天然で
仕事柄あまりに雑多な音楽を軽薄なまでに聴きかじっているがゆえに
自分の作品と他人の作品の区別が論理的かつ明確についておらず、
さらに不幸なことに頭の中にふと浮かんだイカしたフレーズを
その場でサクっと表現する技術的環境と演奏力を持っているせいで
こうした事態が起こるのではないかと思う。

そのこと自体はたいした問題ではない。
もちろんパクリや盗用は社会的に許されることではないが
少なくともこうした事実に腹を立て糾弾しようとする動きがネット上に
存在するということが、状況の健全性を物語っている。

問題はこうしたいい加減な仕事をしている人に
良くも悪くも仕事の依頼が集中しているという業界の体質にあると思う。
アニメでは作画や演出においては若手が徐々に台頭してはいるが
劇伴に関して抜擢といえるような新人音楽家の登場はほとんどない。
制作プロデューサーは音楽・菅野よう子でプラス千枚とそろばんを弾き
サイトや番宣にでかでかとその名を掲載する。

音楽以外でも似たようなものだ。
もはやロートルでしかない大御所・出崎統の名を用いなければ
劇場版長編作品の制作費が集められなかったり、
宮崎がダメなら息子にやらせろと勘違いの抜擢人事に奔走する馬鹿もいる。
エロと萌えだけの薄っぺらな作品を量産して評判が取れないと、
DVDでは乳首を描きますという間抜けな商法がなかば平然と罷り通る。

要するに分野のスペシャリストを1から育てていこうという意識がない。
唯一例外は前回記事にしたボンズ/南雅彦Pくらいのものだ。
少なくともこうした前向きな努力に対しては、作品の出来とはまた別に
まっとうな評価を与え、光を当てていくべきだろう。
そしていい加減な仕事に関しては積極的に厳しい目を向けるべきだ。

クリエイティブな現場に権威主義など必要ない。
まずそのことを自覚すべきなのは観客の側であると思う。
しょうもないものはどんどん切って捨て
新しい才能の台頭を促す雰囲気を作っていくほうがいい。
ネームバリューは参考程度にする分にはいいが
一度権威に依存するようになったら
抜け出すのに身を切る努力が必要で時間もかかる。

僕には、菅野よう子バッシングはカリスマへの帰依を放棄し
自分の足で立って歩こうとする人たちの悲痛の叫びに見える。


【菅野よう子】インスパイア?類似曲比較動画まとめ











スポンサーサイト

category: アニメ

コメント

人の悪口

あなたの文には嫌味があります!大変不愉快!
人の悪口ばかり書いているといつか自分たちにふりかかります!気をつけてください!どんなえらいやつか知らんけど反省したまえ!馬鹿馬鹿しい!

URL | なかちゃん #-
2009/05/14 02:21 | edit

そっかー。ごめんな。

URL | 大匙屋 #pBoZlR9Y
2009/05/14 03:33 | edit

いや、冷静で的確な意見だと思う。
事の核心を差し置いて矛盾甚だしく否定する思考の恐ろしさと云ったらない。
それがファン心理というものか。
菅野氏のファンの方かと察しはつくが。
視野を広げれば物事の本質がおのずと見えてくる。
また洗練されもしよう。
論点とするならまずここだろうに。

URL | とおりすがり #-
2009/09/17 06:40 | edit

たいへん興味深い意見でした。
最後の二行が何故だか心に残ります。

URL | チャド #M9b.hx/E
2009/10/01 12:05 | edit

うーんこの時期はヘッタクソな文章書いてるなと自分でも思いますね・・・

URL | 大匙屋 #pBoZlR9Y
2009/10/01 15:37 | edit

ポールウェラーはUKロックの兄貴分という感じでカッコいいですよね。

菅野よう子やオレンジレンジには、
過去にアメリカや欧羅巴の若者文化の豊穣さに本気で憧れて
パクリをしていた
クリエイター達とは別種のスノッブさを感じます

菅野よう子やjpopの問題点を探っていけば
戦後から現代まで続く
Jカルチャーに潜む欧米の影、問題が展開できそうなくらい
根深い問題を孕んでる気がします(ちょっと大袈裟かな)

URL |    #-
2009/10/12 21:56 | edit

Re: タイトルなし

ああ、別種のスノッブさというのはなんとなくわかります。
大雑把にはフリッパーズギター以降かな。わかっててやってます的な
パロディ精神込みで受け入れられてる風潮が一方にありますね。

かつて極東の限られた商圏でやっている分には特別問題はなかったけど
今はネットワークが発達して、元ネタ情報も国境を越えて共有されちゃうから
純粋で、ある意味神経質なリスナーも増えているってのはあるでしょうね。

URL | 大匙屋 #pBoZlR9Y
2009/10/15 01:48 | edit

パクリって言葉で音楽語るほど稚拙な事ないよ

音楽を作る側のアティテュードや大衆音楽としてのメッセージ。
これらを理解していないと"パクリ(盗作)"とは異なるものへ"パクリ"という言葉を充ててしまいますね。

"パクリ"と感じる感性。これは個々の感性と性格の問題です。確かに"盗作"というものは世の中に存在しますが。

貴方の言う"オリジナリティ"とはなんでしょうか?
何処にも存在しないムードやメロディを作る事でしょうか?

これは無理です。
どこの誰にも。

オリジナリティとは個々が発するその存在の事ではないでしょうか。 貴方が思春期に佐野氏の音楽に恋したとしたなら、その"貴方とレコードの間に流れていたもの""貴方が受け取ったメッセージやビート感"こそがオリジナリティでは?

佐野氏とスタイルカウンシル、スプリングスティーン…
聴き比べましたが、それぞれに個々のメッセージが詰まっていますね。ムードも違う。更に佐野氏がああしたアレンジを選んだ意図もはっきり伝わります。
これは"盗作としてのパクリ"とは明らかに異なりますね。(ファン心理というものが無い小生の私見ですが)
現在のネット社会。この程度は、80年代に入る頃には、様々なエリアの人達が予見し想定できていた状況です。「ネット社会になって、極東で80年代に起こった事が世界中にバレバレ」…これは稚拙な認識です。

著作権なるものがあり、印税なるものがあります。
権利と利益に貪欲なレコード会社が絡む話なのに、なぜ訴訟にならないのか(ならなかったのか)お考えになった事はありますか?

最近、ネットにてホボ匿名にて、やたら日本人ミュージシャンを凶弾する様な私的認識を披露する方がいますが、日本人リスナーの低俗さを披露しているだけだと小生は感じます。

URL | ランチキ #-
2009/12/17 19:01 | edit

「込められたメッセージが大事」
「パクリかどうかは主観」
「真のオリジナルなんて存在しない」
「感動した事実は本物」
なぜ訴訟にならないのか→オリジナルもまた何かのパクリだから
日本人リスナー→低俗

いやぁ、まさにテンプレっすね。
否定も肯定もする気はないです、もう。

URL | 大匙屋 #pBoZlR9Y
2009/12/17 19:47 | edit

お返事ありがとうございます。

う~ん…

あなたのblogは面白くて、色々な音楽に対する見解や分析は納得できるとこがあって楽しいです。それで遡って色々読ませてもらってます。
が…時より、私見を"周知の事実ですね"と来たり、"是非を問いませんけれど…" みたいな言い放ちが(確かにネットは2chに代表される様なそれもありな世界ですが)気になってしかたなかったのですわ。せっかく素敵な耳を持たれている様子なのに…と。
おそらく少し上の年代(?)として。作り手側の人間として。

特に、ポールウェラーと佐野元春のそれに関しては。
ジャンルは異なりますが小生も音楽家をしていまして、カフェボヘミアが発表され聞いた当時、「この人は、"おれならこうする"をコピーではなくオマージュとして、ピュアな制作衝動を高次元で込める」をやってくれた。と、度胸に感服したものでした。アルバムタイトルや楽曲タイトル…ユーモアのセンスにニヤリッともしました。
度胸とは…ビジネス大衆音楽のシーンに居ると、真似っこ とか 盗作 とか、一部の人々はそう言いますからね。
(オマージュという言葉もテンプレですかねぇ?)

あなたの様な意見に触れて、'70'80'90…とりわけポップスシーン(フォーライフだのエピックだの)を改めて聞き返したりしているのですが、やはりああした手法のカフェボヘミアは当時のエポックだったと思います。在籍はエピック…(失礼(苦笑))
なので、今更パクリだのとネットで声をあげる流れがとても滑稽に感じるのです。しかもネット特有の伝播力を使って。
他にスプリングスティーンやビリージョエルを挙げて"糾弾的な声"を発している方々もいますね。時代の流れをリアルタイムで知っている者には、それらの声が苦笑いの対象でしかありません。

ただ…
あなたの言う"ある慕情と陶酔したい年頃に受けた失望"は解る気がします。きっと"あなたの中にあった佐野元春"と、"作家佐野元春"が異なったわけですから。
その辺が坂本龍一の言った"佐野元春はメッセージに溢れていてポップミュージシャンとしては不器用な人" なのでしょうね。

…と一見"佐野ファンか?"と言われそうな空気を残しつつ(笑)
今後とも楽しい記事読ませて下さい。

URL | ランチキ #-
2009/12/18 15:00 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2009/12/18 15:08 | edit

失礼ながら、あなたの文章はスキだらけで
少なくともこの件に関して発言するには
経験値が不足してるのが丸分かりなんですよ。
(気を悪くしないでくださいね。といっても無理か)

僕の文章の意図が伝わらないのは僕の力量のせいですが、
あなたの主張そのものは目新しいものではなく、
既に多くの方が同様の発言をしているものです。
プリミティヴな感情に基づく主張をされる方の大部分が
パクリはあって当然、あれはオマージュであるといった
ある種の居直り、思考停止に陥ってるのが現状です。

多分異論を噛み砕くのに
情緒的な部分が邪魔してるんだと思うんですが

一度気持ちを完全にニュートラルにして
さまざまな人の意見の
「本質」の部分を汲む努力をしてみてください。
僕から言えるのはそれだけです。

URL | 大匙屋 #pBoZlR9Y
2009/12/18 19:19 | edit

最後の2行ですけれども
自分の足で立って歩く(オリジナルの作品を作り出す、ということですかね?どうも抽象的で分かりませんが)
人たちがどれだけいるのかと聞きたいですね。
結局貴方もそうですがただ叩いているようにしか見えないのです。自分の安全が確保されているところから相手を攻撃しているだけです。安易にまとめサイトから資料を引いてきて批判を展開するぐらいなら本人に手紙を出すぐらいのことをしてください。

URL |  #aIcUnOeo
2009/12/31 15:54 | edit

私が思うに、菅野よう子の曲はアレンジが足りないので、
まんまパクリに聴こえてしまうのではないでしょうか?

徳永英明のカヴァー曲なんかは、菅野女史なんかより
ずっと原曲のアレンジを頑張っていますよね。

私は菅野女史が無意識ではなく、確信犯的に盗作をしていると思いますよ。

それも麻薬患者並みの常習性ですね。

URL | ちゃんとインスパイアしなさい! #6Xkfc5TM
2010/07/22 02:46 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  #
2013/06/27 04:03 | edit

 パクリかオマージュかというコメントが多いけど、記事全部読んでないのかなーと思ってしまう。問題の本質はそこじゃないような。じゃあお前は分かってるのかと言われると自信ないです。
 自分の足で立って歩くというのはすごく共感できる。でも大匙屋さんやコメントをしている人達を見ると、俺みたいのが自分の足で立って歩くことに意味があるのかなと思ってしまう。特に今のネット時代は。それでも本当にアニメが好きな人たちは自分で歩くことをやめられない気がする。俺もそうでありたいと思うけど意識してなるものじゃないのかな。
 それにしても5年も前の記事に未だにコメントが付くとは凄い。他の記事も凄いとしか言い様がないです。大匙屋さんは何者なんですか?
 

URL |  #-
2013/07/07 22:30 | edit

あんまり過去の記事には触れたくないです
人間ですから考え方もどんどん変わっていきますし
とくにこの記事は文章が下手過ぎて話にならないです
恥ずかしいし、正直消したい・・・

>何者なんですか?
普通のおっさんですよ

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2013/07/08 03:00 | edit

菅野よう子に関しては
パクリもするし、良い曲も書く、でいいんじゃないですかね
僕もマクロスFとか普通に楽しみましたし

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2013/07/08 03:03 | edit

出せれた料理を誰が作ったかは重要じゃなく、人気の店であり且つちょっと美味ければ良い。そう開き直ってくれるならまだ話しやすい話題な気がする。

URL |  #-
2017/10/04 14:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/103-9e2f193e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。