大匙屋

健康第一

進撃の巨人2#07ほか マッチカット  


■進撃の巨人 #32 [2期 07話]  (2017)

ヨロイにぶっとばされて派手に飛んでからの回想入りでポジションのマッチ。「進撃の巨人」は時制の演出や前提の変更など回想を多用する作品なので、こういう繋ぎかたは演出的妙味に加えてストレス軽減にも効果的だと思う。

このカット、原作マンガでは43話と44話の境目にあたる

#43「鎧の巨人」(別冊少年マガジン2013年4月号)最終ページ
8382017005007_13053tta_1.png

#44「打・投・極」(同2013年5月号)トビラ ※#43が合わせて再掲載された
8382017005007_13053tta_3.png

背面ダイブは共通しててコミックス(11巻)では連続してるエピソードだけど、雑誌掲載では2話にまたがっているとさすがにマッチとまでは言い難い。これはアニメスタッフの構成が上手かったというべきかもしれない。


ポジションのマッチカットで思い出すのがこれ
よく引用する「卒業」、プールのシーンからのベッドシーン


■卒業 (1967)



ものはついでなので今年見た良マッチを紹介しておきます。


8382017005007_13053bc03.gif
■幼女戦記 #03 (2017)

ゼートゥアの開き戸と列車の引き戸がどちらも左方向なのがポイントですね。廊下と車両の透視図法もか。
背後に長い廊下、アオリ、ゼートゥアの手元にカメラが寄った直後に遷移、デグレチャフのアクション途中でポン引き、フカンで客車の手前空間を見せ、場所の違いを際立たせる。このあとクロスカッティングに入るので、その始まりにマッチカットを配置するのはたしかに意味があると思います。


8382017005007_13053bc04.gif
■幼女戦記 #11 (2017)

書箱落とし→スイッシュパン、ビーチへの遷移。あまり手間がかからないわりにお洒落なトランジション。これもアオリからフカン、そして薄暗い執務室から陽光差すビーチ、というギャップが効いている。


8382017005007_13053bc02.gif
■亜人ちゃんは語りたい #01 (2017)

大変珍しいシンメトリーのマッチ。反転ワイプで上下手の逆転、現在(昼)から過去(夜)へ。鮮やかです。



スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

冴えカノ♭OP マッチカットと鏡像  

8372017005027_100420340.jpg
■冴えない彼女の育てかた♭(フラット) http://www.saenai.tv/


8372017005027_100430210.jpg
8372017005027_100440150.jpg
8372017005027_100440280.jpg
8372017005027_100440450.jpg
8372017005027_100450050.jpg


OP。冒頭テントウ虫のマッチに続いてキャラクターの目線マッチ
いいですねこれ。SLと煽るようなワイプの連続で展開もスリリングです。
色の話はまたぞろ長くなるんでやめときますが、びっくりするような配色を明度落として使ってます。興味のある方はピッカー使って精査してみると面白いですよ。

アブノーマルな観葉植物もアクセントとしてかなり効いてますね。
この観葉植物によってキャラクターの配置バランスが取れ、フレームが締まって見えます。
それと前景・後景に加えて中景が生じるため視点が頻繁に移動し、奥行感が増幅します。


8372017005027_100430210.jpg8372017005027_100450440.jpg
8372017005027_100450590.jpg


「露出アンダー」と言ったりするんですけどね。手前を暗く、奥を明るく。これもレイアウトに奥行を持たせるテクニックです。


8372017005027_100460130.jpg
8372017005027_100460230.jpg
8372017005027_100460330.jpg


すごいのはここです。キャラクター全員が目線を一定方向に外しているのに対して、ここの加藤の<鏡像>だけがカメラ目線。
OPの視点が倫也君のものだと仮定するなら、すべてのヒロインは(倫也を見ずに)何処か別の方向を見ている。彼女たちはそれぞれに才能を持ち、夢や目標を見据えているように見える。また、彼女たちはそれぞれに本人にしかわからない苦悩を抱えていて、そこには倫也は立ち入れない。
そんな中、加藤だけは車窓に映る倫也を見ているように見えるんだけど、実際には加藤がどこを見ているのか誰にもわからないわけです。加藤はただ窓の向こうを見ているだけなのかもしれない。加藤の視線の先にある車窓にはたしかに倫也の鏡像が映っているはずだけど、彼女がそれを見ているとは限らない。これがエニグマ(=解けない謎)となって強烈に僕らを引きつける。






#07
8372017005027_100510040.jpg


えっとこれは1クールなのかな?ストーリーは恋模様で盛り上がってきてますね。
詩羽先輩は仕事の方は好調だけど倫也との関係には進展がなく、英梨々は倫也との関係が修復されるにつれてどんどん描けなくなっていく。クリエイターってそういうもんですよね。なんとなくわかりますよ。精神的に満たされちゃうと、創作意欲は萎えていくんだよね。若い時はとくに、怒りや渇き、物足りなさや悔しさを創作パワーに変換しがちなので。

category: アニメ

tb: 0   cm: 9

五指に入るストッキング作画を挙げてみる   

8362017005020_200064449.png


今をさかのぼること77年前、米デュポン社がナイロン・ストッキングを開発し全米で発売。それまで日本製の絹製品が独占していた戦前のストッキング市場がナイロンに奪われた記念すべき日が1940年5月15日。この日が今や「ストッキングの日」とされていることは小さな子供でも知っていることでありましょう。ええ。
そこで今回は、アニメに登場する善きストッキング/タイツ表現を見ていこうと思うわけであります。15日に更新しようと思ってたんですけど。オムレツの不発弾がはじけたのでタイミングが狂った。


8362017005020_200064448.jpg

まあ基礎知識として、30デニールから上はタイツですよ。うっすら透明感があるのがストッキング。このうっすら透明感というのは昔のアニメでは表現できなかったわけです。とくに、主流だったベージュなどは肌の色と着彩上区別のつけようがない。だから昔のアニメに出てくる妙齢の美女、たとえばめぞん一刻の響子さん、あるいは峰不二子やキャッツアイの三姉妹など真冬であろうとストッキングもタイツも履いてなかったです。


8362017005020_20006bc01.gif
■(OVA) 魔法使いTai! 第06話 (1996年)

脱着シーンは付けパンが多いけど、ナイロンの素材感、伸張性を表現するのにT.Bは意外と効果的。
※よく見ると左足などでカゲが暴れていて、原画動画は上手いのに仕上げさんが今ひとつなのがわかりますね

8362017005020_20006bc11.gif
■(OVA) 清純看護学院 新人ナース“裕未”恥虐の看護実習 第02話 (2005年)

半透明感はWラシでも出せるけど、透ける肌の色を綺麗に見せるのはわりと難しい
この着圧の作画良いですねこれ。凌辱物なのにヒロインがノリノリで笑える。南澤十八作品。


8362017005020_200064323.jpg8362017005020_200060624.jpg8362017005020_200064443.jpg
■ナイトウィザード The ANIMATION (2007年)

この作品あたりから、仕上げの着彩にグラデーションが使われるようになった。具体的には髪の毛の部分。
この同色相グラデーションがその後ストッキングの質感表現に応用されるとは、この時誰も思っていなかった


8362017005020_20006bc09.gif
■とある科学の超電磁砲 第09話 (2009年)

ねっとり1コマティルト+まとわりつくような質感、シワの寄り方など


8362017005020_20006bc08.gif
■ぬらりひょんの孫~千年魔京~ 第07話 (2011年)

この薄手のデニール感よ。なんだデニール感て
左右の手で交互に引っ張り上げる履き方がリアル。GOLDENBOY(OVA)にもこういうのがあった気がする


8362017005020_20006bc07.gif
■お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 第06話 (2011年)

着圧で移動するパンツが作り出す尻の立体感。本放送では修正用キャラクターが画面いっぱいに載っていた


8362017005020_20006bc06.gif
■(OVA) アクセル・ワールド EX01 Reverberation 残響 (2012年)

ヨレとシワが伸ばされ消える瞬間のカタルシス。その後の左手の運指と付近シワの残心。色彩ちょっと退屈。


8362017005020_20006bc10.gif
■這いよれ!ニャル子さんW ED2 (2013年)

イアキさん(愛好家)のお勧め。わずかな動きであふれるような肉感。筋肉の形状を知り尽くしていないと描けなそう。ていうかこの網は、全部手描きに見えるなあ・・・


8362017005020_20006bc05.gif
■RAIL WARS 第12話 (2014年)

窮屈そうな動作で伸張性の限界を写実的に描破してる感。これ、とても良い作品だと思うけどあまり話題に上らない


8362017005020_20006bc04.gif
■ デス・パレード 第06話 (2015年)

オバケがいい。タイミングもいい。でもストッキングじゃなかった。いん細


8362017005020_20006bc03.gif
■空戦魔導士候補生の教官 第01話 (2015年)

せっかくのストッキングと丁寧な作画なのに巨大なオープンカフスにばかり目がいく
左足を履く直前の巻き上げがいい


8362017005020_20006bc03.gif
■ビッグオーダー 第07話 (2016年)

上に伸び、右に伸びる網目の2D変形に込められた素材感への執念


8362017005020_20006bc10.gif
■(OVA) 鋼鉄の魔女アンネローゼ 第01話 (2012年)

素材感といえばこれも。着衣まんぐり返しからの局部カット。ああそうだ、ナイロンだし、こうなるよなっていう。露出した尻のハイライトが妙に瑞々しい。こういう絵を見せられたあとの没入感は軽視できない



category: アニメ

tb: 0   cm: 2

五指に入るオムレツ作画を挙げてみる  





このヒグチさんのツイートが数日前に話題になってたんで僕もツイッターで「五指に入るオムレツ作画」を挙げてみよう、というところで何を勘違いしたのか五大目玉焼き作画を挙げてしまい、しかも指摘されるまで気づかないという体たらく。他人様のネタに軽々しく乗っかろうとするからこうなる。
とはいえ今更ツイッターでやり直すのもなんだか必死過ぎて気恥ずかしいのでこっそりブログで記事にしときます。適当こそ人生。大匙さんにおまかせなのだ。でもやっぱり恥ずかしいので、くどい解説はしない

・抜けを思い出したら順次補完
・味っ子オムレツ回は、何というか、あんまり良くないんですよあれ



■美味しんぼ 第68話 (1990年)
8342017005013_050bc1001.gif8342017005013_050bc1002.gif
8342017005013_050bc1009.gif8342017005013_050bc1004.gif
8342017005013_050bc1006.gif8342017005013_050bc1008.gif
8342017005013_050bc1009.gif8342017005013_050bc1005.gif
美味しんぼは最近デジタルリマスターが出まして、配信やレンタルでもっと高画質な映像が見られます。




■デジモンアドベンチャー 第21話 (1999年)
8342017005013_050bc03.gif8342017005013_050bc032.gif
8342017005013_050bc033.gif8342017005013_050bc034.gif
8342017005013_050bc035.gif
細田守回。とっても良回。この大胆な陰影使い、黄身の色が最大限に映えるよう計算されている




■花咲くいろは 第20話 (2011年)
8342017005013_050bc0401.gif8342017005013_050bc0402.gif
8342017005013_050bc0403.gif8342017005013_050bc0404.gif





■劇場版 青の祓魔師 (2012年)
8342017005013_050bc0501.gif8342017005013_050bc0502.gif
8342017005013_050bc0503.gif8342017005013_050bc0504.gif
これは前にどっかで紹介したっけな?




■幸腹グラフィティ 第03話 (2015)
8342017005013_050bc0701.gif8342017005013_050bc0703.gif
8342017005013_050bc0704.gif
8342017005013_050bc0705.gif
小森良の本気作画




■劇場アニメ ひるね姫 (2017年)
8342017005013_050bc0800.gif8342017005013_050bc0802.gif
まあ僕これ見てないんですけど、良さげじゃないですか





■この中に1人、妹がいる!第06話 (2012年)
8342017005013_050bc01.gif


■あっちこっち 第03話 (2012年)
8342017005013_050bc02.gif


■劇場アニメ 言の葉の庭 (2013年)
8342017005013_050bc0600.gif


■ドキドキ!プリキュア 第06話 (2013年)
8352017005015_07017be01.gif8352017005015_07017be02.gif
8352017005015_07017be03.gif8352017005015_07017be04.gif


■アイカツ! 第140話 (2015年)
8352017005014_100bd0101.gif8352017005014_100bd0102.gif
8352017005014_100bd0103.gif8352017005014_100bd0104.gif
8352017005014_100bd0105.gif


■プリパラ 第65話 (2015年)
8352017005014_100bd0201.gif


■終わりのセラフ 名古屋決戦編 第03話 (2015年)
8352017005014_100bd0301.gif
8352017005014_100bd0302.gif

category: アニメ

tb: 0   cm: 5

18禁OVA アマカノ 上林聖編  

8332017005004_07004900.jpg
■アマカノ 上林聖編/製作:メリー・ジェーン (2016年)

あざらしそふとによる同名アダルトゲームを原作とした18禁OVAシリーズ第一作。「第二巻・星川こはる編」とともに人気を博し続編製作が決定、年末までに「第三巻・高社紗雪編」「第四巻・特別編」が製作された。

監督は「獅子龍天馬」という方、別名義は牙威格斗さんで深夜アニメでも活躍中のベテランアニメター、現在は発地カズヒロさんのフウシオスタジオに所属されてる模様。アマカノOVAシリーズは弟・獅子山竜さんとのコンビ中心で制作され外注との関係でトラブル多発しかなり苦労された旨HPに記載があるので興味のある方は参照されたし。


8332017005004_07005008.jpg


わたせとしひろさんが絵コンテ参加。成人アニメを見ない向きに馴染み薄い名前と思うが現在成人ジャンルを牽引するビッグタイムの一人。アングルを駆使しつつ短尺のカットを軽快につなぎ飽きの来ないエロシーンを作るが逆に抜きどころが難しいという意見もある。でもまあ、殊エロシーンのコンテに関しては抜群に巧い。絵コンテがわたせとしひろ、というだけで1翻アップ。

2016年の成人向けベスト作品はわたせ監督による「今からアタシ・・・」下巻(メリー・ジェーン)で間違いないと思うけど、同作は凌辱系NTR作品なので万人にお勧めしがたく、僕的に次点がこの「アマカノ」となる。もっとも、素晴らしいのは一巻の上林聖編で、続巻も決して悪くはないが一巻ほどの良さはない。


8332017005004_07005009.jpg8332017005004_07005016.jpg8332017005004_07005006.jpg


ヒロイン造形は見ればわかる通り、原作ゲーム原画担当ピロ水氏のあふれ出るようなデレマス愛から生まれたエピゴーネン。


8332017005004_07005000.jpg8332017005004_07005001.jpg


で僕がこの作品で強力に推したいのが腹肉のダブつき。別にヒロインはことさらにふくよかというわけではないが、腰回りを中心とした丸い肉付きはかなり意識して作画されており、これがある種の生活臭に似たリアリズムを感じさせ、意外な好感と癒しをもたらす。メリハリボディが当然ととされる当該のジャンルで、これは英断だったと思う。

というわけで、とりあえずこの作品は腹肉です。腹に注目してご覧ください。
一応参考GIFも作ったけど諸事情で修正せざるを得ないのでこんな画像は見ないほうがマシかも。






8332017005004_0700bc03b.gif
8332017005004_0700bc02b.gif
8332017005004_0700bc05c.gif
8332017005004_0700bc01b.gif




その他参考画像。
わたせコンテ、アングル良いと書いたが付けパンフェラチオだけはやめたほうがよいと思う(個人の意見です)


8332017005004_07005011.jpg8332017005004_07005023.jpg8332017005004_07005027.jpg8332017005004_07005030.jpg

category: アニメ

tb: 0   cm: 6