大匙屋

健康第一

パンつなぎ  

7522015005029_040150001.gif
■俺物語 #07

せっかくパンの話をしたので、パンつなぎについても書いておきます。
読んで字のごとく、パンのカットを連続でつなぐという話です。
出崎演出でいう三回パンみたいなつなぎ方のことですね
まあ参考/検索資料として



■血煙高田馬場 (1937) 監督:マキノ雅弘

ひとり死地に赴いた叔父を救うため死に物狂いで疾走する阪妻
若い人は阪妻なんて聞いた事もないよな・・・田村正和の父ちゃんです。
何テイクやってるのかわからないけど、下半身の安定感すごい
この「パンつなぎ走り」に出崎演出の起源を探る言説もあるようで


■姿三四郎 (1943) 監督:黒澤明

必殺の投げ技「山嵐」に使われる一瞬のパンつなぎ(マキノ雅弘が編集)
これ拙劣に見えるかもですが、意外と各所に影響をもたらしてて
例えば仮面ライダー「ライダーキック」のシークエンスなどは
1号ライダーの時代~平成シリーズになってもこれと似たようなACつなぎ方をしてる。
ジャンプするカット→宙返りするカット→キックのポーズ→キックが当たるカット、みたいな
最近はCGエフェクトが入ったり、そもそもキック=決め技じゃなくなってたりもしますけど
基本は同じです



■弥太郎笠 前編 (1960) 監督:マキノ雅弘

カッコイイですよねこれ。長回しでは出せないスピード感
どことなく剣心追憶編と雰囲気が似てる気がする


■天城越え (1983) 監督:三村晴彦

記憶では、この作品は他にも2箇所くらい3回パンをやってた、ような。
邦画、映画の世界にはアニメ出崎演出とは異なる文脈で
マキノ作品の影響があったことを示してる、まあ当たり前なんですが


7522015005029_04015002.gif7522015005029_04015004.gif
■涼宮ハルヒの憂鬱 #25 「朝比奈ミクルの冒険 Episode00 」(2006)

で、その出崎的な演出とは距離を置きながら
なおコミカルで印象的な同ポジションの連続パンつなぎ
しかも手描きで、首振りの回り込みパン、5連。


ちょっとあとで追記するかも

スポンサーサイト

category: 3回ドカン

tb: 0   cm: 0

PANの魅力  

7512015005021_230410501a.gif
■やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 OP (2015)

最近よく見かける、奥から走ってくる人物を据え置いたカメラでフォローするカット
「パン」というのは本来このように固定状態のカメラを首だけ左右に振って撮影することを言いますが
アニメでは移動ショットも上下ショットもひっくるめてパンと呼ぶことが多いですね。

パンの魅力とか言っても今更ですが、
僕はこの「カメラの首だけを振るパン」というのが特別に好きです。


7512015005021_230410002.gif7512015005021_230410002b.gif
■鉄人28号 #18 (1980) 山下将仁

撮影によらない、作画的なパンというものも当然昔からあったわけですが
パノラマ背景が必要だったり、パース・回り込みを計算した複雑なレイアウトが必要だったりで
そう頻繁にはお目に掛かれなかった
要するに2Dのアニメにとって苦手領域であったわけです。

最近はCGレイアウト普及の効能か、首振りのパンを目にする機会は増えてきている。
いずれは実写と同じようにありふれたカットになっていくのかもしれないし、
ひょっとしたら感動もマイルドになっていくかもしれない。楽しむなら今のうち


7512015005021_230410003.gif
■another #01 (2012)

移動してるかどうか(トラッキングショット)はあまり重要じゃないというのが
こういうカットでわかりますね。アニメにおいては、同じことだもの
いいですよね、こういうカット。基本的にPOVなので、強く引き込まれます


7512015005021_230410004.gif7512015005021_230410005.gif
■新劇場版 頭文字D Legend1 -覚醒- (2014)



■ヒロイック・エイジ #01 (2007)



■終わりのセラフ #09 (2015)

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

ユーフォニアム #07電車左パン  

7502015005021_230410507.gif
■響け!ユーフォニアム #07

車内に奥行き感があって独特のプレゼンスというか臨在感が出てます。
葉月の主観視点の先で人物(塚本)が後姿を見せて流れ去っていく、ふいに襲う喪失感。
絵は3DCGっぽいのに味わい深く、繊細で、叙情的です。
雨の効果、そしてPANの効果。


7502015005021_230410507b.gif


7502015005021_230410510.jpg7502015005021_230500320.jpg

category: アニメ

tb: 0   cm: 2

シドニアの騎士 第九惑星戦役 #03B  

今回も小更新

■シドニアの騎士 第九惑星戦役 Http://www.knightsofsidonia.com/

#03
7492015004030_180040301b.gif
7492015004030_180040302.gif
7492015004030_180040304.gif


映画「ゼロ・グラビティ」へのちょっとした敬意を感じる長回し。
次々と移り変わる話者を追い掛けるようにカメラが空間をさまよう。

とても綺麗でよく出来たシーンなのだけど
このシーン見てると、この物語には船外活動と称して用もなく宇宙空間をただよう
コワルスキーのような無邪気さを持つキャラが足らないのだなとつくづく思う。
仄シリーズをもっと効果的に使えばいい。


7492015004030_180050380.jpg
7492015004030_180060050.jpg


「イザナさん、さっきの猫の画像、もう一度見せていただけますか」


ここは、この流れでなぜ急に猫なのか、という感じになってしまってるけど
要するにつむぎが気を回して、クナトとイザナの口論を未然に回避してるわけですね。
未然だからこそわかりにくいんだけど。

周囲の人のちょっとした言葉遣いや態度の変化で感情の動きを察知し
何が起きるかを予測して行動選択できるほどつむぎが急成長してるっていう、
そういう表現なんだと思う。


7492015004030_180040305b.gif

「クナトってなんでそんなに偉そうなんだよ」という時の、
このガス噴射の漫符的な使い方ちょっと面白いですよね。


1期からずっとだけどこの作品、イザナをうまく活かせてない。
せっかくの中性設定も機能していないし、オニギリ食ってる谷風の横にいる役でしかない。
たとえばだけど、ユハタがもともとイザナの恋人だったとかにしちゃえば
中性設定はそれでこそ活きるし、3人の関係はもっと興味を引いたと思う。


Pがあちこちで「シドニアは2ヶ月前に納品してる。当然のこと」とドヤってるけど
そんなに時間あんなら@ちょっとだけ作りこんでよと言いたいシーンがいくつもある。
#02のつむぎの戦闘とかですね。あそこはゴチャゴチャしてて、何やってるのかわからない。

なんか文句ばっかり書いてるけど、そういうつもりじゃないんだけどな


#01



ユハタが司令室に駆け込んでいくだけのシーンなんですが
このカットがえらい印象に残ってます。このあとブースに入るとこまで含めて
いかにもCG臭いというか、動きの固いシーンなんですが、なんか良い。
なぜこれを良いと感じるのか、ずっと考えているんだけど
今もうまく説明できない


category: アニメ

tb: 0   cm: 3