大匙屋

健康第一

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

YAWARA!を語る(3)  

3回も引っ張るネタじゃなかったんですけどね。おかしいな
だいたいね、ちゃんと調べたら帝国の逆襲は80年で
さらば宇宙戦艦ヤマトは78年なんですよ
僕が言ってることなんてそれ位いい加減だってことですよ。ええ

ということで今回が最後、残ってる画像をサクサク紹介していきます


#35


密着SL
こういう絵を見ると日本のアニメって本当にすげえなと思う
よく見りゃ奥行きゼロのペラペラの絵なのに、
ちゃんと横顔が間隔とって並んでてカメラがPAN UPしてるように見えるもんね
こういう手法を思いつく人は本当に凄い

#34


#78



背景S.Lといえばこのあたりは試合中の擬似3D
手法としては前回のキャプ翼とまったく同じものですね

この#78は柔が相手の懐に飛び込んだあと
切り返したカメラが一回転した柔の表情を再び拾う、
これは柔道というスポーツならではの特殊なカットです
流れるような動作が実にアニメ的で気持ちいいですよねこれ
高速で動く畳もハッタリが効いている


で、より写実的なカットはあるのかといえば



#119
これは新川信正さんの作画なのかな
当時はモーションキャプチャーなどまだ無いでしょうし
ビデオ見ながら描く感じだと思うんですが上手いですよね
すっごく上手いんだけど、なんか地味でもある。無駄がないからか?


で、無駄を足した写実表現としてこれ

#61



ここは高坂希太郎さんぽいなあ
足技を掛けたマリリンがひねる右足、跳ね上げる左足がポイント高い
「素人が型だけ教わって何となくやってる柔道」の感じが出てますよね
あと、マリリンのデコがなんか色っぽい

#61



スキップの作画って、失敗してるのもよく見るし
上手く描くのは意外と難しいんだろうなー



#119


組み手争い
ポニテの揺れが身体の動作に呼応してるのとか、細かい
裾を掴む引き手にこもる力が絵から伝わってくる

柔の柔道が天才肌すぎて勝負が早く、
その試合描写はおおむね止め絵とブラーで構成されてて面白みがないのに対し
本阿弥さやかの対戦は比較的泥臭くて見応えがあります。皮肉なことです。




#51



ということで最後に派手な回り込みを
熱い、手が熱い




参考までに、各ファイルの色が褪せて見えるのは
ファイルサイズ上限の関係で色数を極限まで落としてるせいです
ひどいのは16色とかにしてるんで、ほぼ原型を留めてない

*********


今回の記事ですが
キャプ翼とかの関連で触れた擬似3Dの密着マルチが
90年代になってもそのまま使われてることに僕は驚きましたよ
作画水準の高いYAWARAでさえそうなんだから、本当にアニメにはZ軸がなく
TU・TBとマルチで上手くしのいできたんですね。

このへん、2000年代から現在の進撃の巨人に至るまでに
どういう変遷があったのか、
そもそも変遷は存在したのかも含めて少し調べてみたい


ああまたこうやってテーマばかり増えていく
夏アニメも終わりだというのに

スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

YAWARA!を語る(2)  

つづき

6622013009028_010070050.jpg


ちょっと調べたら「YAWARA!」原作コミックスは当時3000万部も売ったらしいです
なんか今そういう話を聞くと桁が違うんで驚く
みんなが同じものを見て楽しんでいたのかな
浦沢直樹は大友フォロアーの中で最も成功した人ってことになるんでしょうね
この作品に限っては小林まことの影響も大きそうですが


田村亮子の活躍もあってアニメも当時三年にわたる長期シリーズに。
作画は序盤から高いレベルでさらに安定していく感じです。

とくに藤田しげるが参加する中盤以降は
不安定だった本阿弥さやかの造形がぐっと美しくなっていい感じ
なんかこう、運命の出会いをする作品とメーターさんってのがいるよね
中嶋敦子さんとらんまとか、中鶴さんとDBみたいな

あとa fashionable judo girlとか副題がついてるんですが
毎回衣装が変るのも見ていて楽しいです
キャラデザインの兼森義則さんは作監参加回少ないんですが
これだと無理もないと思います。
作品のこういうコダワリの部分は女性監督の特徴なんでしょう


6622013009024_010070050.jpg6622013009024_010110500.jpg


こういうプロップの作画とか良いですよね
ていうかこの受話器、ここまで描き込んでよく動かす気になる
多分鎌田祥央さん。この方は現ガイナかな


あとはモブ



これは38話の電車、これ良いカットですよね
森脇真琴演出回。この方はミルキィホームズの監督やってる女性の方ですが
なんだか説明が難しいんだけどアイデアにあふれた個性的な演出する
たぶんちょっと変った人なんだと思う




#07 多分これは三原三千雄さん
この回は浦畑達彦さんが演出やってる。この頃は演出家志望だったんですね




#89 誰だかわかんない。佐藤好春さんのような気もする
いい作画ですね、この人がふつかってくるとこ
3コマのもたり感がピッタリはまる感じで


あと背動とか



#13 これは鍋島さんですね。ダイブのあとケツが浮くタイミングが気持ちいい
ガードレールの迫ってくる感じもやたら迫力ある

コマ送りで見ると、そんなに複雑なことはやってないんですよ。
一体なんでこういう絵が描けるんですかね。アニメーターって凄い




#119 背動から止め絵、3回TB
これは何だか、やりたいことは凄くよくわかるというか。
Z軸方向に躍動感のある絵を作りたかったんだと思う



アニメにはZ軸がない、というのは江面久さんが言ってたんだっけな。
でも80年代のアニメって、その存在しないZ軸への切実な憧れは感じるんですよ。

多分それは80年代が帝国の逆襲のデススター攻略から始まって、
それに影響されたさらばヤマトとかあって、さらにトロンとか見て
「これからの映像表現は3D」みたいな漠然とした変化の予感が
あるにはあったんだけどそれをアニメで実現する試みは結局うまくいかず、
そうこうするうちに「ウィザードリイ」とか「スペースハリアー」とか出てきちゃって
どうもアニメ側には負けてる感がある、忸怩たるものがあったと思うんですよ。

当時もっとも世界に輸出された日本アニメの3D背動って
キャプテン翼だった・・・と思いつつ確認してみると


キャプテン翼#09 1983

3D作画じゃなくBG引いてるだけだったのね・・・
これ超人気作だったし、長いこと勘違いしてたよ。まあ考えてみれば当然か

いずれにせよ「限られたリソースで奥行き感のある画を作りたい」という当時の欲求は
今現在の比じゃない、わき上がるような情熱があったと推察できます。
その発露が上の「背動止め絵3回TB」なのですよきっと


不思議なもんで、今は各種ガイドとかで3Dも当時に比べたら
ずいぶん作りやすくなってるはずなんだけど
情熱のほうはいつの間にか失われちゃってる感じはしますね。
進撃は本当にすごいと僕も思いますが

まあ大変なのは今も昔も同じなんでしょうけど
背動はスポーツ物の大きな華なんで、凄いのを見たいです




ちょっと脱線したんで仕切り直します
次は試合シーンを中心に

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

YAWARA!を語る  

なんか流星風記事タイトル

■YAWARA!
監督 ときたひろこ
アニメーション制作 マッドハウス
放送期間 1989年10月16日 - 1992年9月21日
話数 124話


とりあえず監督ときたひろこの演出について少し
ときたは放送開始当時33歳くらい、杉井ギサブローの下で
長いことあだち充アニメのディレクションをして
この「YAWARA」が初のチーフDです

この演出家はかつてヤマカンが妄想ノートで叩いてたので
みなぎってた若かりし山本寛に存在を意識させる実力者であったことは確か
いくらギサブローさんの弟子筋とはいえ女性監督などまだ珍しい時代ですし
才能に加え世渡りの上手さ、自我の強い野心家の面も持ってる人なはず。
まあそれは想像の範囲の話ですけど

僕が面白いと思ったのはこれです

#27 「柔と恋の四角関係」 コンテ演出/ときたひろこ

6632013009027_020510230.jpg

柔の進路を勝手に決めようとしている滋悟郎と祐天寺
そんな二人の前で柔は「西海大学には行かない」と宣言
滋悟郎が「ちょっと来い」の流れ




(1)口論→(2)T.B→(3)立ち去り
面白いと思ったのはこの短く印象的なTBの使い方です

(1)の口論は計測すると二人のターン各67フレームで均等
前にもどっかで話したと思いますが均衡的対立を表現するときは
割り振る時間を相互同じにしますね

この均衡が(2)のTBによって破られる
・TBが入ることで口論が次フェイズに移行したことを視聴者に知らせます
・画面に入ってくる柔の肩と背中、両者の大きさの変化で優勢/劣勢を表現

(3)立ち去り
・滋悟郎をにらみ目線を合わせたまま歩き出しながら念押し、ここがうまい
・首を右に振って会話打ち切り

ごく少ない素材で二人の性格や譲れない主張の対立、位置関係まで表現してる
最後のローアングルでシーンのオチとなる祐天寺の表情に期待させる締め方

柔のほうが滋悟郎より背が高い、だからそれを利用した平面的な横からの絵で
口論して終わりにすることもできたはずなんですよ
それをしないのはスポーツ物だけど日常芝居と柔の人間関係に重点を置いてくよという
この女性演出家の主張であるわけで
それと後述しますが三次元的な空間の捉え方ですね

こういう演出ってギサブローさんでも見たことない気がする
時期的にはうつのみやショックの頃になるのかな
アレは当時演出家にも大きな影響を残したはずですが
それが直接作品に反映されるにはまだちょっと早い気がするんで
やはりこのセンスは元々ときたひろこの持ってたものなんだと思う


#44 「代表選手今夜発表!」 コンテ演出/ときたひろこ



人に見つからないように裏門から下校しようとして
マスコミに発見され声を掛けられ一瞬凍るシーン

髪揺らしはシリーズを通して細かいとこまで丁寧に作られてるんですが
(そのこと自体もこの時期の作品にしてはすごい)
ここはショルダーバッグを一緒に揺らすことで
おぼつかない不安定な心情をうまく表現してますよね
ほんのちょっとのことなんだけど、
当時の男性演出家はわりとこういうとこに気を遣わない


ダメだ眠い。あとは明日


category: アニメ

tb: 0   cm: 0

3回ドカン (その3)   

トリプルアクションを探す旅その3

ついこないだ、ナディア#36(1990)が
最初のトリプルアクションかもしれない(キリッ)とか書いたんですが・・・
一応その後も調査は続けていましてね

まあこういうのはやみくもに探すのも無理なんで
そもそも「三回ドカンが映える題材」とは何だろう?という視点から考えて
それなら格闘技の決め技シーンとかじゃね?
柔道アニメとかボクシングアニメとかにあんじゃね?
じゃあYawaraとかにあんじゃね?

と考えて当たってみたらこれがビンゴでしt



■YAWARA! (1989)



第03話「風祭登場!恋にうつつをぬかすとは何事ぢゃ!!」
(演出/さかいあきお)

これ放送日が1989年10月30日らしいんで
ナディア#36より半年以上前でした。

えらそうにいろいろ考えた考察はわりと全部崩れたかも!
YAWARAが最古のトリプルアクションなんじゃないかな!(涙目)




第10話「お母さんと一本背負い!90年代は柔の時代ぢゃ!」
(演出/坂田純一)




第89話「不敗神話」
(演出/高坂希太郎)


いっぱいあった。
YAWARAが最古のトリプルアクションなんじゃないかな!(震え声)


まあそれはいいんですが「YAWARA!」を今回再見してみて
こりゃ作画すげえや、っていうか
えらいたくさんの作画的見所を見つけたんですよ。
これもうぶっちゃけ作画アニメなんじゃね?という勢いで。

せっかくなんで次回、それを少し紹介しようと思いますよ。


category: 3回ドカン

tb: 0   cm: 0

2013春アニメ DEVIL SURVIVOR2 THE ANIMATION  

DEVIL SURVIVOR2 THE ANIMATION http://ds2a.jp/


6612013009016_060540500.jpg6612013009016_060570310.jpg
6612013009021_20006047.gif
6612013009016_150470460.jpg6612013009020_030420250.jpg
6612013009021_200060446.jpg



侵略者セプテントリオンをどうやって倒して生き残るかという話だったはずが
早々にヤマトとヒビキの思想的対立を強調することで
生き残ることは前提になってしまい、セプテントリオンとの戦闘は
最終話までのただの段取りになってしまうわけです。


6612013009017_020080221.jpg


原作はシミュレーションRPGらしく、展開もそれに沿ってるようなのですが
セプテントリオンの打倒自体により強い目的が必要だったと思う。

それは例えば誰かの仇討ちとかでもいいし、ヒビキが能力開花する手続きでもいい。
そういうものがない限り、ヤマトとヒビキの対立のほうが主軸になる関係で
中盤以降は興味が持続しないです。生き残るためのハードルが下がるからですね。

原作経験者には「悪魔合体」とかの展開も唐突じゃないんだろうけど
たとえば岡本信彦に場当たり的なチートパワーを持たせるくらいなら
栗木ロナウドを第三極としてギリギリまで生かしたほうがよかったんじゃないかな?


6612013009017_060400390.jpg


イオたんの陥没乳首ホジホジしながら
イオたんはここも人見知りなんだねとか耳元でささやいていじめたいお・・・


#10
6612013009019_120570560.jpg


イオが助かった事情がよくわからない。
いや助かってもいいんだけど、もう少し合理的な理由なり
事前の仕込みは欲しい。
ヒビキの急な覚醒を飲んだ上で、さらにイオの救出まで飲めるかという話
これを飲んでしまうとこの先の「絶望」がすべて絶望じゃなくなってしまう。

まあ全体的にそういう部分はおおらかな作品なんですけど
あとこの回、ジプスの連中をどがめる岡本の台詞はすごく良かったです


6612013009021_200060420.jpg
6612013009020_040210011.jpg


#05 少年ヤマト、露店の食い物に興味を持つが侍従に言われるまま受け流す
#11 親にやんわりと岡本との友人関係を否定されるヒビキ、でも付き合いはやめない

ヤマトというのは主体的に未来を切り開いてるように見えて
実は自分では何一つ選択していない人なんですね。ずっとそうだった。
一方でヒビキは親の過剰な干渉にあいながら譲れない部分だけは堅持してきた。
そこだけは自分で選んでいたわけで。
明暗を分ける二人の根っこをこういう形で見せてる。

アルコルとヤマトのチェスでのやり取りも良かったけど
多分あれ、難解すぎて伝わらないでしょう


#11



毎回しっかりバトルがあってすげえな頑張ってるなと思いつつ
おっと思わせる作画が11話に


6612013009020_040280220.jpg6612013009020_040290150.jpg


柿田英樹ですね。ちょっとびっくり
少し変ったような気がする


category: アニメ

tb: 0   cm: 0

ナディアのヤマト愛、と2199  

ヤマト/ナディア、例の主砲発射シークエンスの簡単な比較

こういうのまとめてるとこ探せばあるんじゃないですかねw
まあいいけど


6602013009020_120360590.jpg6602013009020_120450280.jpg

左が「宇宙戦艦ヤマト」#02(1974)、右が「ふしぎの海のナディア」#36(1990)
敵船の形状からモニタのグリッド線までオマージュになってるのがわかると思います


6602013009020_120380480.jpg6602013009020_120450130.jpg

同じく左がヤマト、右がナディア。デカルト座標だっけ。W軸がありますね
主砲照準は手動によるものでしたが
2199では丸ごと自動化されたらしくカットになってました


6602013009020_120400550.jpg6602013009020_130270240.jpg

この主砲発射の仰角アングルもヤマト以降の定番
ヤマトのほうは確認した限りダブルアクションにはなってるようですが
トリプルではないように見えた。実のところ見てもよくわからないです
一番二番砲塔の連射だったり、でも光線が3本だったりするんで


6602013009020_120410320.jpg6602013009020_120440200.jpg

駆け上がっていく集束砲
コマ割からレイアウト、シークエンスに飛び交う専門用語、SEまで含めて
ナディアは先行作品への愛情に溢れてる感じ

前回紹介したトリプルアクションの1番から2番へのつなぎが
ヒキの絵になってるだけで切り替えしがなく一見退屈なのも
ヤマトのカット割に沿ってるからなんですね


ちなみに同一シーン、2199になるとこんな感じ

宇宙戦艦ヤマト2199 第02話 「我が赴くは星の海原」(2013)

6602013009020_130190070.jpg
6602013009020_130150220.jpg
6602013009020_130140510.jpg
6602013009020_130150030.jpg


十字空母は遊星爆弾に変更になってますね。
定番アングルはそのままだけど
攻撃対象との距離がかなり近く見える。爆弾がでかいのかも

旧作では敵艦載機が戦闘の途中で消えちゃうのと
前線に敵空母が配備されてる合理的な理由がないんで
これでもいいとは思いますがなんか寂しくもあります




category: アニメ

tb: 0   cm: 3

3回ドカン (その2)  

前の記事を書いたときにコメ欄で<テツさん>が教えてくれた
ナディア36話をようやく確認したところ
ちゃんとトリプルアクションになってました。

これが1990年なんで、攻殻より5年早いことになりますね。
ということでテツさん、何も間違ってなかったです。ご安心ください



ふしぎの海のナディア 第36話「万能戦艦Ν-ノーチラス号」 1990

とりあえずヤマトへのオマージュ満載、ドッカンドッカン派手な回でした
ていうかナディアってもう23年前なのか
この光弾の登って行き方、今見てもカッコいいですねぇ
ここの作画は政勝さんか、増尾昭一さんか・・・


3回ドカンは掘ればまだ古いものがありそうな感じなんで
引き続き調査しております。まあ、ヒマなときにですが





以下は前記事を書いた後に思い出した比較的最近のもの


世紀末オカルト学院 第01話「マヤの予言」 2010

伊藤智彦さんの演出、この方ちはやふるなんかでも三回ドカンを使ってましたが
いつも見せ方があまり・・・。これもカメラが少し対象に寄り過ぎてる感じで
何が起きてるのかわかりづらい



日常 第16話 2011
Aパートにもありましたがこっちを
ここ白石稔の声芸も合わせて良かったですよね


その他、灰羽連盟の最終話クライマックス(2002)なんかも。
それはバレになるのでgifは自重。まあ今更ですが

category: 3回ドカン

tb: 0   cm: 0

近況  

・くそ忙しい

もうちょいで落ち着きます
しかし各シーズンの作品を網羅的にレビューしてくのはそろそろ限界かもしんない


・岡田敏靖

いま作品リスト作ってるけど
作wikiに書くのはなんか必死な感じで恥ずかしいので
どうしようかと思ってる


・ちょこハメさん

いつも読んでますよー


・奴隷区

ああ、これは売れるわ。なんか勢いある
アニメ化もすんじゃねーかな


・たまこま新作

境界もそうだけど京アニはもうホームメイドしかやらなくなっちゃうね


・今期、ほぼ飛び飛び

進撃>気がつけばやたら楽しんでる自分。ハリウッド映画みたいなもん
私モテ>なんか印象がグループタック作品ぽい。なんでだろ
有頂天>ああ、うん、これはすごくいい
げんしけん>内容はゴミみたいなもんだが背景はすごい
きんもざ>カレンは反則デース


具体的に書ける日はいつくるのか








category: 雑感

tb: 0   cm: 0

岡田敏靖の描いた海  

※各パートは確定ソースのない僕の憶測を含みますので参考程度に




魔法のマコちゃん #01 1970




バビル2世 #24 1973




母を訪ねて三千里 #20 1976




ニルスのふしぎな旅 #14 1980




太陽の子エステバン #01 1982






Superman: the Animated Series season 3 #50 1999


--------------------------------------------------------------------------------

(雑記)海洋アニメは今後さらに増えていく、という話

※この前の放送で話したことですがこちらにも


海アニメ、海洋冒険アニメはここ最近増えています。
2008年の「うみものがたり」「RD洗脳調査室」から少し途切れていましたが
去年のラグランジェ、つり玉、今年に入ってからむろみさん、ガルガンティア、
そして今秋のアルペジオ
これは震災の影響と無関係ではありません。

60年代には宇宙開発と工業化がSFアニメの成立に影響し
70年代の公害問題が動物・昆虫などの自然環境アニメの増加を促した。
バブル期とその後の不況にはディストピア物と世界系が増加したし、
911以降は悪の大帝国より少人数のテログループが敵役になることが多かった。
また格差社会と晩婚化がラブストーリーとハーレムアニメの量産を支えていました。

社会的な関心事というのはアニメの企画立案に必ず影響を及ぼします。
そして温暖化と原発汚染、この2つは我々が生きていく限り必ず向き合わされる問題であり
最近はそれに加えて尖閣・竹島の問題もありますね。

否も応もなく、社会の関心は大きく海に向かっている。
こういう時期はやっぱり海アニメが増えるんです。
アニメ企画立案において、海洋環境に題材やテーマを求める傾向は向こう数年加速していくはずです。
今話題の艦コレもいずれアニメ化するでしょうし、しなくても類似作品が出てくるでしょう。


まあ僕はそういうテーマ的なものはどうでもよくて、
海の描写の機会が増え、それが最近のCG技術と組み合わさることで
また新しい表現技術が生まれてくれたらうれしい。

70年代までに基礎的な海の記号化は完成してると僕は考えてます。
その頂点にいたのが岡田敏靖というアニメーターです。

若いアニメファンの方々がこういう職人の仕事に少しでも触れることが
水エフェクトの歴史を知るための指標となるだろうし
もしオールドアニメに興味を持つひとつのよすがとなれば
何も言うことはありません。


category: アニメ

tb: 0   cm: 0

おしらせ  

なんか僕、参加することになったんで告知ですよ
岡田敏靖さんというアニメーターについてちょっとだけ語りますよ

-------------------------------------------------------------------

http://blog.livedoor.jp/shikohitomakoto/archives/32598149.html



「シコ火&伊藤ラジオ」第4回配信告知
カテゴリ
shikohitomakotoshikohitomakoto Comment(0)
「シコ火&伊藤ラジオ」第4回配信

【時間】

09/08(日) 21:00~22:30(予定)

【配信URL】
http://shikohitomakoto.ninja-web.net/

【出演者】
いとう、シコ火+大匙屋さん(ゲスト)

【演出テーマ】

第2回・時間を操るカット割り

【参考資料】

「劇場版 聖闘士星矢 天界編 序奏~overture~」(2004年) 監督:山内重保

「H2O」(2008年) 監督:橘秀樹

「さんかれあ」(2012年) 監督:畠山守

【作画テーマ】

アニメーター偉人録  第4回・岡田敏靖さん

【参考資料】

「太陽の子エステバン」(1982年)

作画監督:岡田敏靖

【予習リンク】

WEBアニメスタイル_もっとアニメを観よう - 井上・今石・小黒座談会(5)

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。