大匙屋

健康第一

2010秋アニメ それでも町は廻っている  

それでも町は廻っている
http://www.tbs.co.jp/anime/soremachi/

なんかレビューがとても難しい作品。
とりあえず視聴体験で起きたことを順次説明していくと、


①主演声優、小見川千明の声質がとにかく強烈。

②①があまりに強烈で、序盤の内容がほとんど頭に入らない。これは無理。

③必死に我慢しつつ第03話まで見て、教師の顔芸で初めて少し笑う

④いつの間にか小見川の声に慣れ、それなりに楽しく見れていることに気づく

⑤もう一度、第01話に戻ってみる。不思議と普通に見れる。やはり慣れたらしい。

⑥顔芸やシュールなギャグと喫茶店再建などの人情話で展開していくのかな?

⑦なんか宇宙人とかタイムトラベラーとか出てくる。

⑧最終話、いい話でちょっと感動。いったい何だったんだ。


展開がほぼ予測できないという点で、飽きがくることはまったくなかった。
ギャグアニメとして見るには、笑いどころは少ないように思う。
視聴者に媚びを売るような萌え要素もなく、ニヨニヨすることもない。
比較的アナクロなボケとツッコミのスタイル。ひなびた喫茶店の雰囲気にはよく合う。
眼鏡の娘がやたら肢体を強調してくる。彼女がエロ要員を兼ねているらしい。

面白いのかつまらないのかと問われれば、どうなんだろう?
答えるのが難しい。

では続きがあったら見たいだろうか?と問われれば
それは多分、もっと見たいと思うのではないだろうか。
その理由が、何故か判然としないのだけど。


どういうところにこの作品の最大の魅力があるのか、というのが
今ひとつ明確に捉えきれないところが歯がゆい。

なんというか、とらえどころのない、どこへ向かってるかはわからない「郷愁」が
この作品に満ちていて、それが人を惹きつけるような気がする。
正直なところ、以下の説明にあまり自信はない。


まず、萌え系部活アニメなどにみられる「ユルさ」とは少し違う「寛容さ」が
この作品世界にはある。

形式的なグリーティングやマニュアル化された応対作法もない。
水を頼んだらカツカレーが出てくるような喫茶店。
ホトリやたっつんは客を面白がらせるために悪戯したりもする。
当然ながら店には常連以外は寄りつかないし、売り上げも伸びない。

しかし、経営者である婆ちゃんによってたいていのことは許容されている。
婆ちゃんには店の経営を度外視しているような節さえあるが、
彼女はホトリを幼い頃から孫同然に溺愛していて、
成長し、もう泣きながら帰ってくることのなくなったホトリを
もうしばらくの間そばで見守っていたいというのが
婆ちゃんの目的のように見える。

婆ちゃんがホトリに対して寛容であるため、ホトリが起点となって話が展開しやすく
また話は深刻な方向へはほとんど向かわない。

「あんなのでも、いつかは嫁に行ってしまう」と八百屋がこぼすように
ホトリのおかげで、町がいつも賑やかなのが大人たちの共通認識。

大人たちは子供のボケにツッコミつつ、バカをやれば叱り、おおらかに見守っていて、
高度経済成長期以降に消滅したはずの「地域社会」がこの商店街には存続している。
それは通俗性が排除されたシャフト的空間の中ではあるが、
地域の大人たちがちゃんと大人を演じていることが、この作品のひとつの特徴。

大人たちは子供のようには決して振舞わない。
だから子供たちの世界は大人たちの世界とどこか断絶している。
そのおかげで深夜の外出はコンビニに行くだけで冒険なのだし、
夜中に寝床を抜け出してコインランドリーで食ううどんは死ぬほど美味い。
その体験を共有したホトリと紺先輩とはとても仲良くなれる。
学校をサボって歩く遠くの昼間の町並みは、どこか見知らぬ「別の世界」であり
退屈な学校生活に縛られて、それを今まで知らずにいたことは「悔しい」。

そうした体験の新鮮さがもたらす感動は、僕らがすでにどこかで失ってきた、
そして恐らくは二度と手に入れることのないものだ。
取り戻したい世界が失われたことをめぐる感情。
つまりそれが、この作品を覆い尽くすノスタルジアの正体だろう。


問題はそれが小見川千明の声とセットになっていることだ。
彼女の声質に抵抗を感じると、作品の魅力の部分にたどり着くのが多分難しい。
しかし彼女の強い個性なしには、この作品は成立しないように思う。


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

2010秋アニメ STAR DRIVER 輝きのタクト  

STAR DRIVER 輝きのタクト
http://www.star-driver.net/

明朗な少年が阿呆みたいな格好で敵と戦う。
敵も阿呆みたいな格好をしている。
この、ちょいダサな方向に突き抜けている部分が
厨二感をうまく中和し、作品の抜きん出た大きな魅力となっている。

こうした部分に多少悪ノリが過ぎる面があるせいか
「迫り来る終末的局面」といった緊張感には乏しい。
各話に戦闘シーンがあり、それは多少短めであるものの総じて作画も良い。
だが学園物とロボット物が共存する物語は終盤まで維持されるため
序・中盤にはシステムを揺るがす大きな展開やヤマ場はない。

それでも、情感たっぷりに描かれる中盤の「西の巫女編」は美しい物語。
ここでは浅井義之の演出力が光る。
浅井の優れた仕事については書きたいことが幾つかあるので
いずれどうにかして記事にまとめたいと思う。


サン・テグジュペリやフェニキア文字と関連するギミックは
ある種の文化的スノビズムの範囲を出ないので
視聴において特に留意する必要はないだろう。

大部分の疑問や伏線は、すべてにおいて明言はされないにせよ
ある程度は解答予測のつく形に収まっている。
このあたりのサジ加減は絶妙なもの。
ニチ・ケイトは思ったよりつまらない女だったとか
悪い意味で意外な結果になったところもあるけれど。

しかし、そもそもタウバーンとは何なのか?
なぜタクトとタウバーンだけが最初から特別なのか、という疑問に対して
作中で与えられるヒントは
#22「地球人のために作られたサイバディ」
#25「ツナシ家のサイバディ」
の二つのセリフのみ。
この状態で、ザメクに勝ってしまうのは流石にどうだろう。

ヒーローメカが最終的に勝利すること自体は問題ないんだけど、
その前に、たとえば四方巫女集合によるタウバーン強化イベントとか
弱体アイテムとか大丈夫の呪文でも実際何でもいい、
何か一工夫あればよかった。というか、あるべきだ。
ザメクというのが気合いだけで突破できる程度の障害であるなら
封印解除を巡ってずっと揉めていたシリーズの大半は無意味になる。

それにしても最終話の作画は大変よかった。盛り上がった。
大勢のメーターが腕を競い合うようなバトル作画の応酬は
金田伊功メモリアルイヤーの作品に相応しい。

201112513501.jpg
柿田爆発

201112513503.jpg
背動からザメク腕をすりぬける空中戦
ここは鳥肌が立った。このあとのサーカスまで、村木さんだろうか

201112513502.jpg
この臀筋はとても良い



最終話のみならず、シリーズ全体でも作画水準は高いものだったが
エムロード抜刀バンクに第03話の作画を使うのはまったく賛成できない。

201112513504.jpg


僕は世代的に山下調の作画は好物だし新井淳の仕事にも敬意を払うが
さすがにバンクとして使い回すにはアクが強過ぎ、流れから浮くと思う。
若い方々はこれをどういう風に見ているのか、少し気になる。

総評としては
良くも悪くも、ボンズらしい作画寄りの作品といった印象。
クリエイターの美意識が強すぎて、モブキャラに必要以上の造形美を与えてしまい、
後半モブキャラが物語から放置されてるように見えてしまうところとか。




category: アニメ

tb: 0   cm: 0

2010秋アニメ 神のみぞ知るセカイ  

神のみぞ知るセカイ
http://kaminomi.jp/index.html

ギャルゲーマーの主人公が独自の方法論で悩める現実の少女たちを「攻略」する話。
といっても、現実世界もギャルゲーのようなお約束展開で、そこに困難や落差はない。

その現実をギャルゲー的展開に近づけているのは、主にヒロインの行動。
ヒロインが内面を病み、自己破壊的な行動に出るので
主人公がここぞというタイミングでヒロインを励まし、勇気づけ、
キスをして救済する、というのが展開のパターン。
そして、ヒロインのネガティブなアクションを決定付けているのが「駆け魂」

この「駆け魂」がもたらす弊害について、具体的な言及が為されないのが
物語全体における緊張感の欠如の原因のように感じる。

最終的にヒロインが衰弱死するとか、発狂するとか、期限はいつまでとかでもいい。
これと合わせ、各ルートで誰も幸せになれないバッドエンド予測を
誰かに語らせたほうがいいような気がする。
エルシィが適任のような気もするけど。

そのバッドエンドが主人公によって首尾よく回避され、
ギャルゲー化していた現実が正常化し、
ヒロインが確かに救済されたという印象が強まれば
記憶が消去されても達成感は弱まらない。

現状だと、悪魔と契約と言いながら主人公には得るものがなく、
得るものが無い以上はリスクも何もない。
ただ目の前に攻略目標があり、それを淡々とさばいているだけ。
(首が飛ぶと言ってるけど、飛ばないのはわかってるので、これはリスクではない)

主人公にインセンティブがない。
そして、物語は危機らしい危機といった展開に陥ることもない。
これだと、ダレるよね。どうしても。



第07話「Shining Star」

63_20091125102.jpg

透明化への恐怖から桂馬への依存を強めるかのん
~桂馬に拒否され、大声援を聞いて、自分で歩き出すまでのシークエンス。
かのんの顔には常に街灯からの陰が落ちている。これが

63_20091125103.jpg

振り返った瞬間、かのんの晴れやかな顔に光が当たる。
ここの陰影の使い方はグーですね。
このかのんも可愛い。

この後のコンサートシーンも、相当頑張ってる感じで好感が持てます。
まあ振り付けはちょっとダサいし兼用カットもあるけど、
ここまでやれたら充分と思う。曲も良い。

殊にかのんに関しては、クライマックスに鬼気迫るようなヤンデレ化があっても
よかったように思う。
「ずっとそばにいて」というのは、自分にすべてを捧げろという支離滅裂な願望。
比較的冷静な精神状態であるなら、一緒に逃げてくれと頼むのが妥当なわけで。
キャラソンを売りたいようだったので、あまり強烈な演出は
避けたかったのかもしれないけど。


その他――
第11話の図書館崩壊など、これは確かに一見の価値ありです。

しかしスペクタクルな演出で派手さを印象づけないといけないほど
各章の締め方が毎回地味なんだよな。


category: アニメ

tb: 0   cm: 4

2010秋アニメ アイアンマン  

アイアンマン
http://bd-dvd.sonypictures.jp/marvelanime/
※アニメ公式サイトが存在しないようなのでとりあえず

マーベルのアメコミをマッドハウスがアニメ化しアニマックスで放送する
一連のシリーズの一発目らしい。

独特の絵柄の濃さからバイブルブラックを連想するとツレが言ってたが
僕の場合は↓をやたら思い出した。




とりあえず、三文字作画もバカにできないレベルに到達してるなあと。
落下して地面に叩きつけられる時の衝撃や重量感の表現とか
画動やエフェクトに助けられてる部分を差し引いても、よくできてる。
そういうシーンは国産なのかもしれないけど。


6628_20091125137.jpg

この第05話のミサイル破壊のシーンとかも良かった。
三文字の人達でまだまだ全然だと思うのは爆煙とか自然現象の作画かな。
でも、国産と遜色ない水準には本当にすぐそこまで来てる感じ。


6628_20091125134.jpg


ちょっと笑ったのがこの構図。第07話、川尻コンテ回
わざわざ不細工な男の寝顔をナメ、いびきSEをこぼしでかぶせ、
奥の醜悪な上司の男に怒鳴らせる。やたら暑苦しい絵。
こんな絵、普通のセンスだったら作らないよ。
さすが常人の発想とは違うわ。


物語に関しては――
第02話が、ストーリーもバトルもよく出来てると思った。
車内での変身シークエンスはやっぱり格好良くてアドレナリンが出まくる。
これをやりたいがために、必要もないのにわざわざ車で出動してるところも
可愛くていい。

シリーズ全体の印象については、やはりインセンが暗黒面に落ちる過程や
その動機の作り込みが駄目過ぎる。
それなりに死線をくぐってきた人間が、その生き方を変えるってのは
余程のことであるはず。
そこには、いかんともし難い運命の悪戯があって然るべきで
ここに説得力を持たせられなかったのが終盤の展開に対してブレーキとなる。

それでも、アクション満載でT光も派手なラストバトルは熱く
多少の喪失感を伴うほろ苦エンドも悪くない。
パワースーツはCGCGした絵柄だが、色温度などにかなり気を使って
馴染ませようとしているところには好感が持てる。
何より、マッチョなヒーローは国産のアニメコンテンツでは久しく見られない。
そういう意味で、新鮮ではあった。


気になったところ一点

6628_20091125136.jpg


第03話、七海と知香の初対面のシーン
ここで七海が座ったまま挨拶・自己紹介するのは軽率かと。
対面の教授がそういうことを気にしないフランクな性格だとしても、
アポなしで急に現れたのが知香のほうだったとしても、
この時点で知香に七海を軽視させるべきではない。



category: アニメ

tb: 0   cm: 0