大匙屋

健康第一

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2010夏アニメ ストライクウィッチーズ2  

ストライクウィッチーズ2 [12] http://s-witch.cute.or.jp/

第06話は支持。これはよくできていると思った。

まず宮藤への敵対心からエイラがペリーヌに接触する展開が良かった。
取り合わせとしては意外な感じもするが
独自の価値観を確立し最も状況に流されにくいペリーヌは
物語と視聴者間のメタ通訳的な位置にいる人物であり
隊内では何かと疎外されがちだが元々いじられ役としても優秀なので
強引に展開に引き込むと途端に人間関係が活き活きと動き出す。


第06話作戦行動におけるエイラの判断について。

消費者厚遇に慣れ、また軍人に美徳として悲壮感に似た決意や覚悟を求める日本人は
土壇場で私情に流されるエイラの判断に疑問を抱いてしまいがちだが
実は彼女たちはガチガチの職業軍人というより未成熟な子供である。
ギリギリまで任務を遂行しようとしてみたが最後で結局私情に負ける子供、
あの場面でのエイラはそれでいいのだ。

エイラ&サーニャの組み合わせが本来の作戦遂行上NGであったとしても
あの二人にとってそれがベストであることは全員が理解していることだし
二人にとってベストであるということは部隊にとってベストであるということ。

696148721_SW06_2044.jpg

この人はかように必死の形相でなにかを守ったことなどなかった。
エイラは「守りたい人を自分の手で守ること」の充実感を知り
「二流」と見下していた宮藤の戦いにも敬意を持つことになる。
この事実が部隊の今後にとってプラスに働かないはずがない。
結果として部隊は強化され、ロマーニャ市民も安全保障上の利益を得る。


第12話、最終決戦に関して

チートで解決という落ちは安易だけど
対価としてすべてを失うという結末に至るならそれもアリだろうと思う。
ただ、メンバーの唐突な魔力回復にはやはり説得力が欠けている。
余力を残していたとするなら11話で坂本を大和に先行させた理由が無くなり
どちらにしても整合性は取れなくなる。

第03話に登場したばあさんをマスターヨーダ的なデウス・エクスマキナにして
第08話において宮藤を震電に導くのも彼女に任せ、
事前にエネルギーチャージや力の解放を与えたり
坂本の暴走を見越して秘策を授けたりしとけばよかったかも。
それこそ展開としてはベタベタになるけど、現状よりはましのような。
もともと宮藤は治癒能力者なので、最終戦において艦上展開する巨大魔方陣の
範囲内で部隊員のステイタスが一瞬で全回復とかもアリだろう。
「ネウロイとの和解」を宮藤が一時保留する決断も
ばあさん絡みでなら序盤に演出できたはず。


かつて借金で傾いたガイナを救った起死回生のOVAに捧げられた数々のオマージュは
GONZOを救うには至らなかった前作への忸怩たる思いからか
爽快なまでの居直りで満たされているかのようだった。

問題点もあるが、少なくとも1期よりは作品として数段良くなっていた。
ただ、皮肉なことにパンツにはもう慣れてしまって絵的に何も感じるところがない。
この状態で今後シリーズを継続させていくのはいろいろ大変だろう。



スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

2010夏アニメ 世紀末オカルト学院  

世紀末オカルト学院 [13] http://www.occult-gakuin.jp/

やはり中川美風というキャラの扱いが癌になったように思う。
このキャラは物語を終わらせるための存在として
後半の展開に用意されるべきだった。

美風は序盤において内田のユルさや本質的な不甲斐なさを強調し、
間接的にマヤの顔芸を引き出す装置として機能するわけだが
これにより内田・マヤの連携がいちいち不和をきたし
本筋である鍵探しの展開が自然と膠着する。

そのこと自体が美風のもくろみ通りだとしても
導入部終了直後の第03話から佳境直前となる第10話まで
延々と引っ張るほど重要な要素ではない。
ぶっちゃけ美風を使って内田の不甲斐なさを説明するなら1話あれば充分で
視聴者は内田・マヤが互いに協力する形での困難の排除や
迷宮としての学院を舞台にしたダンジョン攻略などといった
崩壊の真相に直接迫るためのスピーディな展開をより期待したはずだ。
ここはどうしても肩透かしを食らうような気分になるところだと思う。
千羽鶴やカレーの伏線が回収されないのも残念。

それでも終盤の怒涛の展開はそれなりに楽しかった。
見終わりに爽快感があるのは、ウンザリするような中だるみのせいと
言えなくもないけど。

作画的には大雑把に言って褒められたようなものではない。
レイアウトのひどさはもうしょうがないと思うけど
瀕死の枠である事だし、絵的に多少アレな部分も目を瞑るべきだろう。

とはいえ、きついよなあ。こういうのとか。

102100385_366_2155.jpg
第06話「文明の道程」


マヤのアップなどに関しては溜息が出るようなすばらしい仕上がりも多かった。
鼻の穴があるアニメを久しぶりに見れたのも良かった。


何より、今の時期にオリジナルをやることの困難さを忖度したうえで
スタッフにはよくやってくれましたと心から感謝したい。


category: アニメ

tb: 0   cm: 0

学園黙示録と「女の戦い」  

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD [12] http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/anime/hotd/

いや、これは実に面白かったです。よくできていた。星をつけるほどではないですが。

自分の豊富な二次元女性との恋愛経験から(涙)
この作品の優れた女性心理描写を解説してみます。


レイの父親は警察官僚
レイは幼少時に父親に溺愛され、思春期以降は厳格に躾けられ育てられた。
また現在までの父は要職につき多忙であり何かと親娘の時間は保てないまま、と
考えるといろいろ辻褄が合う。

幼い娘にとって父親とは絶対的な守護者、これを全世界の王であると仮定。
レイにとって紫藤親子があくなき憎悪の対象なのは
自分の留年がどうとかではなく、父親が涙を流して自分に謝罪したこと、
これによりもたらされた父親の敗北という現実=王の死を
受け入れさせられた衝撃と屈辱があるからでしょう。
これがレイにとっての第一の王の死です。

平時のレイは、かつてすべての愛情を与えられていた幼年時代への渇望を
精神的に満たしてくれる存在=二人目の王を求めていた。

第01話「Spring of the DEAD」

レイにとって幼馴染のタカシは、成長した段階で王にふさわしい力を持っていなかった。
つけいる隙がなく、周囲から尊敬もされず、圧倒的な包容力もない。
つまりタカシはレイにとって王ではなく、レイはタカシでは満たされなかった。
タカシへの期待は、現実のタカシによって裏切られたわけです。
よってタカシは下僕となり、ヒサシが仮の王となります。
しかしこのヒサシはタカシによって殺されてしまう。

20101015_32102352_01_2207.jpg

勝手にヒサシを殺したタカシは王殺しの罪人なので罵倒する。
王殺しには正当な理由が必要であり、恋愛とは対象との一体化なので
タカシがヒサシ=自分をずっと憎んでいた、裏切っていたことにする。
このときレイの口を突いて出る言葉は、レイがこれまでずっとタカシに向かって
言いたかったが黙っていたこと。
これは自分がずっとタカシにしてきたこと、思っていたことの裏返しでもあります。
他人を攻撃するときは、自分にとって一番痛い場所を突くわけです。

「私は生き残りたくなかった!私もヒサシに噛まれて奴らになりたかったのに!」
これはタカシにとっては、タカシと生き残るくらいならゾンビになったほうがマシと
言っているに等しい。混乱した勢いで出た言葉とはいえ、これはひどい。
タカシは普通に傷つくと思うが、逆に言えばタカシを傷つけないと、
レイは自分がこれまで積み重ねてきたタカシへの罪と
ヒサシを奪ったタカシの罪をイーブンにできないわけです。

自分を絶対的に守護してくれる王であるはずのヒサシは簡単に死んでしまった。
これが第二の王の敗北と死です。結果としてレイを最後まで守り通せなかったので、
ヒサシもまた真の王ではなく、レイを裏切ったことになる。

それでこのあとレイは、傍らにヒサシの遺体があってさえ
保護を求めてタカシを抱きしめることができるわけですね。
もちろん、現実の恐怖から少しでも逃れるためにですが。

レイ以外の女性の場合、この状況ではタカシの背中に手が回せないはずです。


第06話「In the DEAD of the night」 お風呂回

お風呂で女性陣の肢体を検分したのちパンイチでタカシのところへ。
これには、自分の居場所確保に向けたある種の危機感が伴っていると思われます。
サービス過剰な作品だけど、こういう部分も一応ちゃんと繋がっている。

20101015_32102352_06_1801.jpg

レイ「ねぇ聞いてる?」
タカシ「疲れたよな。疲れたよ」
レイ「何それ。そういうところがつまんないのよ」「そんなことだから、私ヒサシと」
タカシ「僕はあいつじゃない、あいつは死んだ。僕が殺した。いい加減現実を認めろ」
タカシ「僕らはまだ生きてる、そして生き残る、絶対に、絶対にだ」

非常時の現在における第三の王の条件は
決して敗北しない、死なない王であることです。
そうでなければレイを最後まで守れない。
このときレイはタカシが次の王となることを確信したはずです。
だからレイはここでタカシと一体化しようとする。


第11話「DEAD storm rising」 高城邸内、タカシの居室にて

レイ「女の子のルール、好きなのは可愛い男と可愛がってくれる男、それだけ」
タカシ「俺はどっちもだめだな」
レイ「そういう時もあったかも。それは認めるわ。でも、今は違う

レイ「タカシは常にすべき事をしてきた、私が気づかなかっただけ
   前からそうだったのかもしれない。多分きっとそう。」
レイ「だから私は貴方と一緒にいる、一緒にいるためならどんなことでもする、
   あなたが他の人を好きになっても」
レイ「そうしなければ生き残れないから」

この一連の台詞はちょっと凄いことを言ってるので、細かく見ていきます。

■タカシはずっと正しかったのに私は気づかなかった
・タカシの良い面が見えていなかったのは自分が愚かだったせい。
→ヒサシのことを好きになったのはタカシの良い面に気づいていなかったから。
→タカシのせいではない→タカシの現状を肯定

■だからタカシと一緒にいる
・他の人を好きになってもOK、それでもタカシのそばから絶対に離れませんよ。

■生き残るため
・自分の目的はこれだけだと思ってくれていい。
→タカシも生き残るために自分を利用してくれていい。セックスもOK。


第09話以降のタカシと毒島冴子との関係進展に気づいた上で、
状況に戸惑っているタカシの隙を突き、ここでも早々に先手を打ったわけですね。

タカシの心情はこの時点でどちらかというと毒島冴子に傾いており
ここでレイが「前はヒサシが好きだったけど今はタカシが好き」などと言ってしまうと
ヒサシもタカシも同時に貶めることになってしまうわけです。
これだとタカシは嫌悪感からレイを拒否してしまう可能性がある。

冴子一人を選びレイを遠ざける、という話になりそうなところを
(責任の所在を問いたがる毒島冴子に対し)レイは一切条件を問わないと宣言することで
力技によって元の関係に戻す、現状で得られる最大限の利益回復に成功している。
ヒサシもタカシも貶めることなく、しかもレイはここまで一切嘘をついていない。

なぜそこまでしおらしくなれるかというと、王の寵愛と庇護を受けるため。
これは結局はタカシと一緒に生き残ることと同義なのです。

レイ「あなたは私の言ったことの意味、よく考えてみて」
→タカシにとって今、レイを遠ざけ冴子一人を選ぶことは生き残るための負担となる。
→レイを拒まず、冴子を選ばないことで「皆で一致協力して生き延びられている現状」が
 維持できる可能性が高まる。


この二人の会話を、部屋の外で冴子が
・聞いていた場合、冴子は負担になりたくないのでこれ以上タカシに近づけない。
・聞いていなかった場合でも、タカシは集団のリーダーとして冴子ひとりを背負う
 ことはできないので、すり寄ってくる冴子をタカシのほうが受け入れられない。

当回前半のリーダー云々という会話が軽い伏線になっている。
ここで現実的にタカシは冴子一人を選ぶことができなくなっているのです。
だから冴子が聞いていようといまいと、レイは構わない。
このあたりの状況作りの上手さは、お見事と言うしかないです。


レイ「先輩からも話してください。そのほうがタカシも嬉しいだろうし」

「先輩からも」というのは、自分はグループの共有利益のために、これからの
ことをタカシと話していただけ、やましいことなど何一つないという宣言。
冴子はそれがわかっているので、せめてもの意趣返しにと
ここでわざわざ年齢の話を振るわけですね。

20101015_32102352_11_2442.jpg


嘘のないレイに比べて、嘘で自分を糊塗し続けてきた冴子は対称的な存在である。
このあと最終戦においても二人は互いを意識し合い、
補い合い、利用し合って生き抜いていくのを予感させる。

毒島冴子についても、書いておきたい部分があるんだけど・・・
長くなるので、それはまた別の機会にしましょう。



昨今、僕がやたらキャラクター主義に拘泥するのは
この作品のように1期が未完に終わる作品が増えているからです。

それは業界の事情でやむを得ない部分があるものと推察しますが
一視聴者の視点でアニメ作品を客観的に評価しようとするときに
制作側のキャラクター解釈にちゃんとスジが通ってさえいれば
未完に終わる作品でも幸運にして続編が作られる作品でも
不思議とそう酷いことにはならないように思います。

そういう点で、この学園黙示録の女性心理描写には意外にも目を見張る部分が
多々ありました。基本はおっぱいアクションアニメですが、これなら続編にも
大いに期待できると思います。続編ができるといいんですが。



category: アニメ

tb: 0   cm: 1

2010夏アニメ セキレイ~Pure Engagement~  

セキレイ~Pure Engagement~ [13] http://www.sekirei-tv.com/

素材としてはとても魅力的な作品だと思うが
同時にあまり恵まれていないなと感じる。

制作セブンアークスという時点で作画にはあまり期待できないが
今回はお話自体もしょっぱい出来だった。

突っ込みどころを挙げていくとキリがないが
僕なりに、ここだけは許せないという1点について



第九羽 「数多ノ絆」
結「ウズメさん、お元気そうでよかったです」

長期入院している患者の病室でこの台詞はありえない。
この後月海、ウズメも何気ない会話をそのまま続けており
これは結のキャラクター解釈の齟齬というレベルの話ではない。

脚本家がアホなのか、コンテ台本での変更あるいは
それも含めた演出意図なのかは定かでないが
一つ言えることは、この制作陣がセキレイという作品の
各キャラクターを深く見ていない、大切にする環境にないということ。

こういった些細なほころびが後半での御中の行動選択に現れる。

千穂の治療のためMBIの医療データを必要とするミナトに対し、
御中広人はMBI本社ビル最上階での手交を約束した上で
さまざまなトラップを仕掛けゲーム感覚でミナトの来場を妨害する。

これは原作にはないオリジナル展開らしいが
結果如何に人ひとりの人生が掛かっており
仕掛ける側が遊び半分というのは人道上問題がある。

もちろんそれも含め御中のキャラクターであると言えるかもしれない。
だが作中で比較的常識人の部類として描かれる佐橋高美が
何だかんだでMBI/御中に長期にわたって協力しているのは
御中という人間に信頼のおける何か、人としてそこだけは踏み外さない
最後の良心を感じ取っているからに他ならない。

この御中の「遊び」が佐橋高美によって容認される条件があるとしたら
千穂の命よりも優先される何かが騒ぎの結果として得られるべきだが
MBI側にもたらされたのは勝者不在の雑魚セキレイ達の機能停止だけだった。
しかしそもそもこれは以前2週間と期限を切ってあった話でもあり
件の大騒ぎのエクスキューズには到底ならないし
当然ながら千穂の命に優先されるべきものでもない。

最終的にはこのオリジナル展開で御中、佐橋高美両名のキャラを
大きくブレさせただけに終わったように思う。


クライマックスでの鴉羽との直接対決だが
これは鴉羽が個人の意志でなく懲罰部隊の任務として
そこに立っているものと考える。
誰も知らないが鴉羽の本体は刀なので
折れた時点で勝負はついていたと解釈しておく。


category: アニメ

tb: 0   cm: 0

2010夏アニメ 戦国BASARA 弐  

戦国BASARA 弐 [12] http://www.sengokubasara.tv/

圧倒的多数で包囲し降伏を促した上で
秀吉が単身で敵陣深く乗り込み敵将を倒す、
半兵衛は知将ぶっているが戦術的な才能描写は皆無。

であるなら、伊達・武田が連合するよう策を弄す必要も無い。
個別に撃破していったほうが確実であるように思う。

策が成らず伊達が直接大坂を攻めることになった場合でも
ただ迎撃すればいいだけの気がするし、頑なに小戦を避ける理由もない。
秀吉はこの間慶次と接見しただけで特になにもしていないわけだし。

伊達を東で足止めしておいて、その間に西の富嶽を奪うというが
伊達や武田との戦いに富嶽が必須である理由もとくに見当たらない。

09話松永久秀に独眼竜の足止めをさせる過程で
小十郎の処遇を久秀に預けるような半兵衛の判断も意味不明。
結果として政宗の生存が確認され嘘が露見して半兵衛は信用を失い
あれほどこだわっていたはずの小十郎の転向はそこで絶望的となった。
その上で尚、10話半兵衛は小十郎が世界をこじ開ける戦列に必要と言っている。
これはもう、何がしたいのかわからずアホとしか言いようが無い。

秀吉は半兵衛の知略をしきりに絶賛するが
あちこちに戦線を広げるだけ広げておきながら
豊臣が実質的に攻略に成功したと言えるのは長曾我部だけ。

何か深い考えがあるように見せておきながら
実際は結果が伴わない。
これはもうパンチラのない一騎当千である。

「健康状態に不安」といった設定は半兵衛ではなく
秀吉のほうに背負わせるべきだったのではないかと思う。
戦略家としての半兵衛が機能していない以上
半兵衛がいなくても豊臣の実質戦力は変わらないが
秀吉を欠いた場合すべての計画が水泡に帰す、
ここに至って強引な戦線の拡大や半兵衛の焦燥なども
意味を持つようになる。


慶次や幸村の、平和な未来をめぐるさまざまな逡巡も
なんだかどうでもいい観念的な話のように思える。

バカが悩んで成長する姿を描きたかったのかもしれないが
一太刀で竜巻を起こし雑兵勢が吹き飛ばされていく
荒唐無稽な戦闘シーンこそが作品本来の醍醐味だった。
難しい話とか明日のことなんかわからねえよ!
男と生まれたからには天下を取りにいくのが当然だろ!
そういう情動のほとばしり、是非を越えた突き抜け感こそが
「BASARA」という状態ではないかと思うし
我々はまずそういうものが見たかったはずだ。


作画的には・・・
たいして動かさずに派手に戦ってるように見える作画が上手かった。
これにはけっこう感心した。

もっとお気楽なエンタテイメントを期待したんだけど
見ていて案外疲れる作品だった。


category: アニメ

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。