大匙屋

健康第一

DTB 流星の双子の解説  

重要な用語を中心に解説。
某所に書いたものを補足。ネタバレ注意

まぁこういうのは野暮な気もしますが・・・
間違ってるところもあるかもしれません




<三鷹文書>

・内容「イザナミとイザナギが出会うと災厄が起きる」
・ヨーコの自白によれば「未来の記憶を持つ老婆」によるもの(星見様か)

<三号機関>
(ゴルゴ、美咲、鎮目、葉月、ヨーコ)
総務省の機関。旧組織の残党殲滅が目的だが
真の目的は三鷹文書に記された災厄を避けるために
イザナミと出会う前にイザナギを捕らえ始末すること

・イザナミは三号機関が抑えている。
「あの日」(ゴルゴ談、詳細不明)に抹殺しようとしたが失敗、
とりあえず眠らせた。

・鎮目=CIAと通じている。ヨーコ殺し
・ヨーコの自白によれば葉月はなにか特別な意味を持つ存在

<米英露>
CIA(スミス)MI6(エイプリル、ジュライ)FRB(KGBの後身、ターニャ)
目的はイザナギ・イザナミ強奪
理由は何となく凄そうだから参加したかった

<黒(ヘイ)>
=銀ちゃんがイザナミになったのは自分のせいなので
銀ちゃんを殺そうとしていた。このへんの事情は詳細不明

CIAの指示で流星核を奪うためロシアに行くが
マオによりマダムの指令変更が伝えられ
蘇芳を連れて池袋にいるらしいイザナギを追う
もともと黒がCIAに協力していたのもマダムの指示

<すおう:蘇芳>

紫苑が作った紫苑のコピー
1箇所紫苑とは違う=チンコがない

紫苑が作った記憶と、パパチェンコがMEで取り出しておいた5歳までのの
本物の蘇芳の記憶を定着させた

<イザナギ=しおん:紫苑>
生まれつきの契約者(特殊な例)
能力はコピーを作ること、対価は一定期間脚力を失うこと
紫苑の作るコピーはなにか1箇所が本物と異なる

<マダム(=マダム・オレイユ)>
情報屋、正確な所属は不明。双子のドールを連れている
昔マオと恋人関係にあったらしい

・マダムの目的は紫苑の計画の遂行

・マダム・オレイユの銃=シュレーダー博士が作った
・シュレーダー博士は1期に出てきたヘンな科学者
・ロシアで黒の能力を奪った装置もシュレーダー作らしい
(マダムが三号機関・日本政府とも繋がっている理由)

<シュレーダーが作ったスパコン>=紫苑の計画にマダムが乗った
ドールネットワークで全世界の記録を集め(シュレーダー)
MEネットワークで全人類の記憶を集めた(パパチェンコ)

<紫苑の計画>=地球まるごとコピー
コピーした人間に記憶を長く定着させる技術がなかった
流星核ができるまで

蘇芳の旅はその実験

<紫苑の目的>不明。
契約者という呪われた宿命がなければ起こりえたはずの未来や
自分の別の人生のありかたを蘇芳で実現しようとしたのかも。

契約者となったにも関わらず感傷的であったり
仲間を作った蘇芳に紫苑は驚くと同時に
自分が蘇芳にこれから与えようとしていたものを
すでに蘇芳が手に入れていたことを知る

紫苑にとって蘇芳はただの自分のコピーであり
父を含めたすべての存在が手の内にある計画の手駒に過ぎなかったが
自分の想像を超えた変化を遂げた蘇芳に対して敬意と羨望を感じた紫苑は
最後に「弟」となり、「お願い」をして息を引き取る。

紫苑が「転生」したかどうかは不明。
魂が抜けていく描写はあるがコピー地球に彼の存在はなかった。

<流星核>
パパチェンコが蘇芳への愛ゆえに執念で作った。
記憶をコピーに定着させる機能を持つ
蘇芳が契約者になったのに感情を失わなかったのはこのため。

シュレーダー博士の契約者捕獲装置の作動で
黒の中の白が剥離され流星核に移動、蘇芳を契約者にした。
蘇芳の恋心はストックホルムではなく
白の意思に影響された衝動が流星核で増幅されたものか。

流星核を持つ以前の蘇芳は写真撮影を趣味としていたが
契約者となった後に見たクジラを撮らなかったことから
流星核の作用で「記録を残すための本能的行動」が
必要がなくなったものと思われる。

<流星核は割れちゃったけど・・・>
一度作ってしまえば形状なり機能なり、紫苑がコピーできる。
実験が終了したので必要なくなった。

<イザナミ=銀ちゃん>

なぜかこうなった。詳細不明
ヘルズゲートを通じて紫苑が作ったコピー地球に
「全人類の記憶」を輸送した。

<コピー地球>=どんどん遠ざかっていく
1箇所が本物と違う=ゲートがない平和な地球

マダムはすべてを知る立場に居て
本物の空まで観測することができる

<最後の男の子>
イザナミとイザナギが出会ったことにより生み出された災厄。詳細不明
黒が銀ちゃんをぬっころせば生まれなかったが
黒は白と再融合しBK201の星が復活

銀ちゃんが復活したかどうかは現時点で不明。
黒が蘇芳に「次に行く場所」と発言しているので
何が起きていたのか終盤の黒はすべて理解していたものと思われる。

その上で「まだ間に合う。私を殺して」という
銀ちゃんの願いを叶えなかったのは
黒が死に、コピー地球に「転生」して平和に暮らすという選択をせず
銀ちゃんのいるいまの世界の存続を選んだということ。
なので、銀が復活した可能性が高い。


----------------------------------------

詳細不明になってるとこが明らかになっていない、
少なくとも「流星の双子」では説明されていない部分

----------------------------------------

これは僕の憶測ですが・・・
イザナミの能力は
「イザナミを殺そうとする者を確実に死に至らしめる」とかではないかと思う。
そう考えるといろいろと辻褄が合います。

まぁ、僕の予想は大抵はずれますが。




DARKER THAN BLACK 流星の双子

スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 3

2009アニソン編曲語り[5/5] 「ハヤテのごとく!!」ED  



「本日、満開ワタシ色!」(「ハヤテのごとく!!」ED)
歌:桂ヒナギク with 白皇学院生徒会三人娘
作詞:くまのきよみ/作曲:磯部篤子/編曲:増田武史

C調カノンコードで真面目で優等生な委員長キャラとなると
面白味がまったくない歌になりそうだが
コーラスというか合いの手を入れることで
一気に魅力的な曲になってしまう。
「みなみけ」「ひだまり」等のユニゾン曲と雰囲気が違うのは
この構造がニコ動みたいになってるからだろう。

合いの手は三人娘とヒナとの立ち位置に依拠していて
みんなで放課後にカラオケを楽しんでいる様子でもあり
別視点で設定上の各人の関係性を表現したようにも取れ
多重構造と意味的曖昧さが感情移入を誘発する。
もちろんこれはギミックだけど、例えばエクリップスなんかに
決定的に不足していたのはこういう遊び心だったと思う。

サビ「自由な色で(D)広げ(B7)たい」 のB7で
続く「(Em)ナミダもきっと」のEmがグっと引き立っていて
ナミダという詞にかかる微妙な切なさがやたら気持ちいい。

こういう作りの曲だと、どこからどこまでが分業なのか
曲を聴いただけでは理解しにくいので難しいな。
オケ自体はコテコテの電波チューンだが
この曲に関してはそれも計算上のことだろうし。

増田武史さんはスマイルカンパニー所属で
ジャニーズや竹内まりや作品などのギタリスト&アレンジャー

それにしても「イエーイ」なんていうフレーズを
こうも小気味好く使えてるのはばくはつ五郎以来の感動。








カノンコードというのは聞きやすく、耳に馴染みやすく、売れやすい
日本人好み100%の魔法のような定番コード進行で
膨大な数の歌謡曲に昔から採用されているものです。
おそらくはヒナギクのティピカルなキャライメージに沿うかたちで
あえてこういう定番進行を使用しているのでしょう。

シャレでこんなん作ってみました。音量注意。





メリークリスマス。みなさんよいお年を。





category: アニメ

tb: 0   cm: 1

2009アニソン編曲語り[4/5] エレポップ3曲  

反則だけどエレポップの括りで今回は3曲。




「おやすみパラドックス」(「夏のあらし! 春夏冬中」OP)
歌:やくしまるえつこ/作詞・作曲・編曲:近田春夫

ビブラストーンをやってるうちに終わってしまっていた
ニュージャックスイングへの賛辞・・・
ウィスパー系ロリポップはJ-POPとしては狙いすぎなんだろうけど
アニソンと考えると良曲。
Vo.はインディーでは知る人ぞ知る存在らしいけど、姿がまったく見えない感じ。

近田春夫先生としてはやっておきたいネタだったのだろうか。
エレクトロクラッシュ以降のディスコビート温故知新の雰囲気と
ちょっと前にブリのMy Prerogativeなんかもあったし
タイミング的にはアリなんだろうと思うけど
いくら懐古趣味的なコンセプトの「夏のあらし」とはいえ
ネタの中心は70~80年代なんで、NJSはちょっと外してる気がする。
むしろ王道なエレクトロには行きたくても行けなかったって
ことなんじゃないかと。先生的に。






「RIDEBACK」(「RIDEBACK」OP)
歌:MELL /作詞:MELL/作曲・編曲:高瀬一矢

MELLの売り方はエピック/ユーロハウスを参照するのと
ゴチックっぽいダーク路線の2本立てだと思ってたし
去年のアルバムも(試聴した限りでは)そんな感じだったので、
この曲の伴奏トラックの「引き方」は新鮮というか意外だった。
I'veのトラックって歌モノなのにやたら前に出てくるものが多いから。

序盤こそミニマル風だけど、中盤以降はテクノ寄りのインディロックに
ブリブリベースを乗せて小綺麗に仕上げた感じか。
言い方は悪いが、たかがTVアニメ主題歌でこんなことをやられたら
ちょっと他の人間には太刀打ちできない気がする。

同時期に出た禁書目録のEDはお世辞にもいい出来じゃなかったのに
底の見えない・・・というか、よくわからない人だと思う。







「Programming for non-fiction」(「よくわかる現代魔法」OP)
歌:麻生夏子/作詞:こだまさおり/作曲・編曲:ぺーじゅん

4つ打ち&ストリングスを前面に出したアレンジ。
通常ブラスが担当するようなフックも印象的なピチカート。
異様にフリーダムなグリスとハーモニクス。
でも仕上がりはPerfume以降のエレクトロ感を排した
ガール・シンセポップ。

狂気じみたヴァイオリンへのこだわりを感じるけど
ちゃんとダンスポップになっていて
でもこの方向はデッドエンドだと思うけど、どうなるんだろう。
あまり詳細は知らないんだけど、同人音楽出身の方らしい。

「よくわかる現代魔法」本編は何というか微妙な作品だったけど
主題歌はOPだけでなくブギウギ調のEDもよくできた曲だった。
残念なアニメほど良曲に恵まれる現象か。

今年はsupercellの成功もあったし
これから来年にかけて、同人・ノンプロ周辺の新しい才能が
続々発掘されそうな予感がして嬉しい。





で、なんでこの中から1曲選べなかったのかだけど
結局この3曲とも、方向は全然バラバラであるにせよ
直接間接を問わず中田ヤスタカの作り出した状況に呼応したもの。
もっと言えば彼の影響下にあるってことだろうと。
もちろん、この3曲に限った話ではないけど。

好むと好まざるとに関わらず、公平に言っていまのアニソンが
そういう状況にあるのは確かだと思う。
で、それは当然曲調やアレンジにも大きく影響してる。
このことを説明するのに1曲選ぶのは無理だった。

僕は彼の信者でもなんでもないので
正直なところ靴の上から足を掻く思いもある。
中田氏の仕事もいま分岐に差し掛かっているようなので
来年以降こっち側がどう変化していくかには注目したい。

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

2009アニソン編曲語り[3/5] 「青い花」OP  



「青い花」 (「青い花」 OP)

歌:空気公団/作詞・作曲:山崎ゆかり/編曲:窪田渡

オルガンとエレピの響き、ベースラインなど
あらゆるパートが美しい。
夜中に一人で聞いていると衝動的に死にたくなってくる。

曲のポイントは「ごめんね昨日は」のあたりだけど
アレンジのポイントはむしろイントロ頭のアコピC6の和音にあると思う。
あと目立たないけどバックで面白い動き方をしてるオルガン。
さほど複雑な構成ではないはずなのに、ハッとさせるポイントが
いくつもある。こういう曲は人の記憶に残っていくだろう。

テンポの取り方にちょっとした工夫があるけど
詞の感覚に沿った、なんというか素直な曲とアレンジ。
かつてニューミュージックと呼ばれたジャンルに対する
強い敬意のようなものを感じる。
どっちかというとアレンジ寄りじゃなくて美メロな曲なんだけど
この曲を選んだのは前述のイントロがあったから。
音楽にはそういう利己的な判断を聞き手に強いる瞬間がままある。
当然こういう美しい曲を作る人達も善人であるはずがない。
でも悪党だったらもっと売れててもいいはずなんだけど。


アニメ「青い花」は残念ながら好成績とはいえない売り上げに
終わったようなので、このまま忘れられてしまうのかと思うと
非常に惜しい気がする。

ついでだけどOP映像で終盤あーちゃんがフミの顔に
花をかけるあたりからの一連の手の芝居が綺麗。
JC制作だし、なんとなくのだめ1期OP路線な感じだなあと
思ったらやっぱり幾原演出。
リズム隊が入ってからふたりでジルバのシーンなどは
レイアウトからタイミングから神憑っている。




category: アニメ

tb: 0   cm: 0

2009アニソン編曲語り[2/5] 「プリンセスラバー!」ED  

笑いが取れなかった


*********************



「S.S.D!」(「プリンセスラバー!」ED)
歌:yozuca*/作詞・作曲:yozuca*/編曲:黒須克彦

マッドチェスター以降のダンス&ロックの流れは
結局ゼロ年代通して続いちゃった感じだけど
ああいうキャッチーでノリのよい、ある意味オタ好みの音楽を
なんでアニソンはこぞって参照しないんだろうと思ってた。
ロリ系美少女アニメが全盛で、声優が高音で歌うキャラソンは
どうしてもチップチューンやエレクトロ方面と親和性が高いのと
ここ数年Perfumeなんかのブレイクがあった影響で
ギター曲が作りづらい状況もあったのかなと。

アニソンってのはブラス&ロックとフォーク&エレポップに
大別できると思うんだけど
その中でダンスっぽい音って結局ずっと4つ打ちしかない。
別にそれが悪いことだとは言わないけど
さすがにもういいだろうと思ってたら
最近またモロに小室進行の曲がヒットしてる。
やっぱり好きな人が多いってことなんだろうな。

プリラバも萌えアニメだったけど、最近の作品にしては
ロリ要素が排除されていて、ちょっとニッチな方向性だった。
でもロリ排除はこの先必ず今以上の需要が見込める商売になる。
こういう作品にUKガラージのリズムを持ってくるのは慧眼。
美少女アニメのEDに内省的な歌を使うわけにもいかないので
ひたすらアッパーな曲調になるのは致し方ない。
アニソンでこれを取り入れたのはちょびっツひぐらしだったかな。
後者はグラウンドビートかもしれないけど。

プリラバはOPのストリングス&ベースラインもよかった。
このプロジェクトは良質なスタッフに恵まれてる。
是非なんらかの形で続けていくべきだと思う。
DVDのおっぱいとかは別にいらない。




category: アニメ

tb: 0   cm: 0

2009アニソン編曲語り[1/5] 「涼宮ハルヒの憂鬱」ED  

年末恒例、バカが偉そうに編曲を語る企画
今年は5曲選びました。5回連続

***********
音楽ブログではないので概ねタワゴトと思ってご笑覧ください
アニソンについて語るのは基本この時期だけです




「止マレ!」(「涼宮ハルヒの憂鬱」ED)
歌:平野綾、茅原実里、後藤邑子/
作詞:畑亜貴/作曲:田代智一/編曲:安藤高弘

とりあえず最初はこれ。

Aでは2、4拍が強調されるがB~以降は1、3拍が追い越していく。
「キミが消・え・た」で存在の希薄さを強調したうえで
転調Bパートを平野綾に振りシンコペで決意を固めるように
サビへと繋ぐ。
強い印象を残すナゼナラのD♭-C-B-B♭は
横並びのコード表上をドミナントが縦断していく一音転調
時間平面を3次元的に突き抜けていくようなイメージが
作品の世界観と符合する
ユニゾンのサビではコーラスが小節と小節とを繋ぐので、
曲が進むほど前に前にと急加速する雰囲気が強まる。

不思議なことが起きているのは最終フレーズで

   A♭m7  B♭7  E♭     B  D♭  E♭
 もう忘     れて   た   キミ をさがそ   う(→ブレイク)

前半はサブドミナントm7を使ったIVm7→V7→Iのケーデンスだが
そのあと突然G♭に転調している。
といっても3度上なので、セブンスでルートを「消失」した状態か。
終止感としては微妙だけど、〆方としてはアニソン特有の
奇妙な高揚感を曲にもたらしていると思う。
多分これも編曲の領域の話だろう。

5月発表→8月発売という間隔と出来の悪いジャケ絵、
さらにE8のネガティブイメージといった悪条件の連続さえなければ
ここ数年のアニソンを代表するヒットになっていたかもしれない、と
この曲に関しては半ば本気で思う。
詞・曲・アレンジが世界観と混然一体となったサジ加減。
間違いなく2009年のベスト編曲。

ライブアライブなどの関係でこのアニメは元々ギターサウンドとの
相性が意外によく、平野綾の歌った新OPとの釣り合いもあって
こういう曲調になったのかもしれない。
世界的ビッグウェーブになった旧EDのように
踊りたかった人には不評のようだけど・・・

でもこの映像の演出がヤマカンなら、ダンスはもう入れないにせよ
サビのドミナントモーションからラインクリシェの部分で
坂を駆け下りていく絵を入れただろうなあ。
彼が去ったことでハルヒは4小節分ズレたのかもしれない。
なんか今うまいこと言った気がする。






アフィは嫌いだが公式に画像を使うためには仕方ないのだ


category: アニメ

tb: 0   cm: 0

2009年作品10傑  

生きてます報告
忙しいんですよ、マジで
************************************


■明日のよいち!
なにしろ戸松遥のツンデレ役が絶妙だった。
この次女役は本当に上手いと思った。演技も、演出も。

■ドルアーガの塔~the Sword of URUK~
バカっぽいとこもあり、泣けるトコもあり

■獣の奏者 エリン
このバカエリンがどこかでこっぴどく痛い目に会うべき
と思いながらずっと見ていたので一応満足
あのトウダの子供と再会とかあるのかと思ってたけどないのか

■RIDE BACK
あらゆる意味で完璧だったと思う
クライマックスのダンスシーンは鳥肌物だったが
世間の評価は厳しかった。なぜだ

■涼宮ハルヒの憂鬱 第2期
やっぱ何だかんだでインパクトあった

■咲-Saki-
毎週楽しめた。原作も良かったなあ
隙だらけなんだけど勢いがあった。

■プリンセスラバー!
なんで評価低いんだろう?良かったのに

■狼と香辛料 II
あの〆方は英断と思う。
ただ話がどんどん地味になっていってるのは確か

■戦う司書 The Book of Bantorra
■君に届け
継続視聴中




振り返って見ると今年一番の話題はやっぱりエンドレスエイトかな。
あれは「ひぐらし解」的ループ世界をやればよかったのに
友引町的ループをやっちゃったのが失敗だったと思う。

自分なら第02話の時点で宿題イベントを入れ
それでなおかつループさせて原作厨を強引に引っ張る。
そうすれば初見も原作既読者も一緒になってあれこれ対話が可能。

ネット上で注目を集めるってのが角川的ヒットの法則なんだろうけど
「脱出できない絶望感」というネガティヴで予定調和な感情を皆で共有するより
「どうすれば脱出できるのか」というソリュ-ションを共有させるほうが
作品のより健全な評価に繋がったはずだ。

重要なんは、やっぱりハルヒを好きでよかった、とファンに思わせることだよね。
現実にそれが出来てない角川京アニは勃起不全のDV男みたいなもん。

category: アニメ

tb: 0   cm: 0