大匙屋

健康第一

爆発2/2 磯爆発、吉成爆発  

*********************************


■磯爆発


機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 第01話 1989年
特別に描き込みが細かいとかではなく、既存の技術を巧みに応用し
タイミングとフォルムの美しさでそれまでにない爆発を描き出した。
実線を使わずに色トレスとハイライトで質感を生み出し
泡のように無数に発生し膨張と収縮とを反復する煙の造形美が
磯爆発の特徴と言えるでしょうか。

今でも磯光雄さんの煙の表現はいろんな人に模倣され散見できます。
これは描けそう、描きたい、と思わせる力があまりに強すぎて
それがスタンダードにまでなってしまった、ということかも。


■吉成爆発


屍姫 赫 OP 2008年
磯爆発が厳密には爆発というより爆煙の造形美だったのに対し
吉成曜さんは爆発の瞬間のインパクト表現に立ち返っている感じです。
膨大な熱エネルギーによって発光する熱源と急激な上昇気流、
あっという間に姿形を変えていく先鋭放射形のロゼット状爆炎。
その徹底したデフォルメと描き込みは、多分容易には真似できません。
いろんな意味で磯爆発の真逆を行ってるかもしれないです。








■おまけ/最近のCG爆発

 喰霊-零- 第01話「葵上 -あおいのうえ-」 2008年


 あかね色に染まる坂 OP 2008年


どう見ても手描きのクオリティではないのでCGか、あるいは実写を
取り込むなどの方法で描かれたもの。
否応無く今後はこういう手法が爆発表現の主流となっていくでしょうが、
たとえ手描きでないCGと言えども、やっぱり作るのは人間。
あらゆる制作者に、広義の「金田マインド」が
継承されていくことを願うばかりです。







※スライダーの最終部で最初の画像が表示されてたのを修正
画像は右クリで開いてもらうとわかりますが1枚絵になってます。

JavaScriptのスライダーに関しては以下のサイトさんから拝借しました。
http://zack.dtiblog.com/blog-entry-15.html




スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0