大匙屋

健康第一

2008夏アニメ 無限の住人  

ようやく見る機会を得たのでレビュー

無限の住人 AT-X(13) http://mugen.kc.kodansha.co.jp/

監督は真下耕一、制作はビィートレイン
ハッキリ言うが真下/ビィートレイン作品という時点で
「ふつう以上」にはなっても「物凄い」にはならない、という印象が強い。

真下耕一さんの偉大な足跡や業界への貢献度は今更語るべくもないが
最近の彼は、良く言えばより広い層に向けて作品を発信し続けていると思うし
あまりトガった、見る人を選ぶような作品は作らない。

そもそもビィートレインという制作会社は、
真下耕一さんとPAワークスの堀川社長が
後身の育成を主目的としてIG傘下に設立したスタジオであり、
いわゆるスターアニメーターなども在籍していないし
それを必要とする企画を扱うこともない。

今回の「無限の住人」のアニメ化企画が、どういった経緯で
ビィートレインに行ったのかは知る由もないが、
昨今よく言われる「うるさい編集者」が
「原作どおりに」を通そうとしてあちこちに断られ
ビィートレインに落ち着いたのかな・・・などと愚考したくなる。

要するに、アニメにした意味がよくわからない。

OPでは神速のアクションが展開されるが本編のアクションはやはり「ふつう」
OPには若い八尾比丘尼など原作にもない絵が出ておりかなり期待させるが
結局触れられず。
「無骸流」の面々も登場はするが、ただ登場するだけ。これには少し驚いた。


つまり、アニメ単体で見た場合作品として完結していない。
続きが気になる人はコミック版をどうぞという作り。
音楽もなんだか所々合ってなくて、アニメ的な面白さを追求してる感じがしない。


もちろん原作「無限の住人」は抜群に面白い作品だし
それを丁寧にアニメにしてある点は評価してもいいと思う。
「死なない侍なんて剣戟の緊張感ゼロなんじゃ」と思わせておいて
個性豊かな登場人物たちによる、まったく飽きさせない物語が展開する。
原作に関する知識がない人でも充分に楽しめる。
「続きを知りたいからコミックを読んでみよう」という気になる人も
案外多いだろう。戦略的には正しいのかもしれない。

原作ファンに対してはそれでもいいのかもしれないが
しかし、アニメの作り方としてはこれは誠実と言えるのだろうか?

僕はアニメ作品は原作コミックとはまったく別物と考える性質だし
アニメはアニメ単体で成立しているべきだと考える。
長大な原作をそのまま1クールにまとめるなど土台不可能なのだから
そこにはアニメならではの改変を含めた「挑戦」があって然るべきなのだが
それを許さない各方面の圧力や空気の強張りがあるのだろう。

しかし、加賀編はともかく、それに続く不死実験編など
どうせ再度のアニメ化はどう考えても不可能なのだ。
仮に人気が出ても、続編が作られることなど考えにくいこの作品が
今回アニメ単体で成立させられない理由がわからない。

この作品は何を守ったのだろう?
そしてそれは、結果としてこの作品にとって
本当に幸福なことだったのだろうか?


スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 1

2009冬アニメ27編 簡易レビューとか  

なるべくシンプルに・・・
は特に楽しませてもらってる作品てことで


日 17:00 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン (25) [MBS/TBS] http://www.gundam00.net/
わかってます。また外れましたね俺の予想

日 24:00 RIDEBACK (12) [CTC] http://www.rideback-anime.jp/
序盤は淡々としてるとこが素晴らしいです。
もっとババーンと大げさに作りたい気持ちもあるだろうに、うまく抑えてますね。
でも今のところ、ニョキっと出てるロボットの手が意味を為してないですよね。

日 24:30 まりあ†ほりっく (12) [CTC] http://www.mariaholic.com/
デフォルメキャラがあまり可愛くないし間の取り方も今いちですが
たまに思わず噴いたりして何故か「しまった」と思ってしまいます。

日 25:30 キャシャーン Sins (24) [CTC] http://casshern-sins.jp/
12話くらいまでで僕は力尽きました。最終話近くでまた見てみようかと

日 25:30 みなみけ おかえり (13) [TX] http://www.starchild.co.jp/special/minami-ke/3/
飛び道具である保坂先輩に頼りすぎないのは良いと思いますが
今期はハルカ姉様の影が薄すぎませんか。

月 25:00 続 夏目友人帳 (1c) [TX] http://www.natsume-anime.jp/
他者に対し慈悲をもって「共存を認めてやる」的な傲慢さが僕には気持ち悪いです。
まあ人気作品だし、野暮な事言っても仕方ないですけど。

月 25:30 宇宙をかける少女 (26) [TX] http://www.sorakake.net/
何をやってもレオパルドが全部持っていってしまいますね。
久々に見た流背(流線背景)が似合うキャラ。絶対衝激と並ぶ流背大作。いい意味で。

火 24:59 ONE OUTS (25) [NTV] http://www.ntv.co.jp/oneouts/
こういう作品はDVDは売れないだろうけど、無くなってほしくはない。良作です。

火 25:29 はじめの一歩 New Challenger (25) [NTV] http://www.ntv.co.jp/ippo/
宮田君ブロック越しにカウンターが打てるんなら並以上のハードパンチャーなんじゃ

火 25:45 空を見上げる少女の瞳に映る世界 [CTC] http://www.munto.com/
序盤のクオリティをずっと維持できるのなら本当に大したものですが・・・

水 26:00 ミチコとハッチン (22) [CX] http://www.michikotohatchin.com/
映像と音楽は素晴らしいのになあ。

木 10:30 屍姫 玄 (13) [AT-X] http://www.starchild.co.jp/special/shikabanehime2/
ミナイを救えなかったオーリのトラウマをマキナとの契約に活用するべきだったのでは。
恋愛感情みたいなものに近づけると陳腐になりそうで不安。

木 13:00 とある魔術の禁書目録 (24) [AT-X] http://project-index.net/
まぁインデックスが可愛いし、いいんじゃないですかね。

木 24:45 源氏物語千年紀 Genji (11) [CX] http://genji-anime.com/
正直もっと痛いことになってるかと思ったら意外とそうでもなくて
けっこう普通に見られる出来になってます。題材が普遍的ってのも
あるでしょうけど、もっとこう鬼気迫る仕上がりなのかと思った。

snapshot20090207224029.jpg
でも蜂蜜の入ってるツボに蜂蜜って書くのはどうなのか。

木 25:25 黒執事 (25) [MBS] http://www.kuroshitsuji.tv/
DVDがバカ売れしてるらしいので、もう一度ちゃんと見てみようかと。

木 25:29 明日のよいち! (12) [TBS] http://www.tbs.co.jp/anime/yoichi/
埋もれている旧作なんかを最新の技術でリメイクすれば
結構いい商売になったりするんだろうなと思う。
この作品を見てるとそんな気分になります。

木 25:30 ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ (12) [TVS/KBS] http://www.druaga-anime.com/
ファティナがヒロイン昇格と考えていいんでしょうか。

木 25:59 CLANNAD ~AFTER STORY~ (24) [TBS] http://www.tbs.co.jp/clannad/
スキップしてたのは渚じゃなかったなんて。

木 26:40 黒神 The Animation (24) [EX] http://www.kurokami-anime.net/
女の子がボコられてるのを主人公が棒立ちで見てるのが正直不快です。
敢えてそういう悪趣味な演出にしてるんだと思うけど、意図がつかめない。
モトツミタマとかトライバルなんちゃらとか謎の専門用語が満載で
なんだかわかんねえけど俺は直感に従うぜ!みたいな勢いが主人公にあれば
一気に救われるんですけど。そうはしたくなかったんですかね。


金 21:00 テイルズ オブ ジ アビス (26) [MX] http://www.tv-toa.jp/
前半の出来は申し分なしでしたが、後半ちょっと失速してるような。
ED「冒険彗星」は素晴らしい曲ですが、結局2万枚くらいしか
売れなかったらしい。

snapshot20090206204625.jpgおや?

金 25:40 鉄のラインバレル (24) [SUN] http://www.linebarrels.jp/
ちと悪ノリが過ぎる部分があるというか、遊び心があるのもいいんですが
結果的に僕が思ってたのとは少し違う作品だったようです。

金 26:10 鉄腕バーディー DECODE:02 (12) [SUN] http://www.birdy-tv.com/
これはこれで、ゆうきまさみ的世界だなあという印象。そう来ましたか、みたいな。
安直にエロや萌えに走らないのは良いと思います。が、
レビやゴメスといったボスキャラと決着をつける気はないようですね。

土 10:30 マリア様がみてる 4thシーズン (13) [AT-X] http://www.gokigenyou.com/
安定。OPが変わってしまった喪失感。EDでのネタバレがひどい。

土 18:25 獣の奏者エリン (50) [NHK-E] http://www3.nhk.or.jp/anime/erin/
上橋作品にはいつも何かが足りない感が拭えない。
親子関係ってのは時に密接過ぎて感情の揺さぶりを起こしにくいので
母と娘の他に、近しい関係で頑固な婆さんとかおせっかいなおばさんとか
娘のボーイフレンドとかがいればずいぶん振幅が大きくなると思うんだけど。

土 24:00 アキカン! (12) [BS11] http://www.melomelomelon.com/
余りのひどさに強い憤りを感じてしまい、逆に好きになってしまいそうです。

土 25:00 鋼殻のレギオス (24) [tvk] http://www.tvk-yokohama.com/regios/
英語劇の部分はやっぱり失敗じゃないですかね。意欲は買いますが。
あとレイフォン設定を謎にして引っ張ろうとするなら、
先にニーナ周りをもっと丁寧に表現するべきでは。

土 26:00 WHITE ALBUM (13) [tvk] http://www.whitealbum-tv.com/
EDのスク水の質感がただただ見事。さすがです。

snapshot20090208064040.jpg




category: アニメ

tb: 0   cm: 6

地獄少女における脚本家・高木登のポジション  

地獄少女シリーズは1話完結、物語類型としては一種の禁室物であり
恨みや憎しみの連鎖が毎回どのように繰り広げられるかが見所であるため
シリーズ長期化によって様式美に染まりがちな展開が問題になるが
チーフ脚本の金巻兼一は基本プロット管理に専念し
投入する各話ライターの自由度をあげることで
形式化の回避を試みているように見える。

その中でもやはり高木登・脚本回の出来が抜群にいい。
先読みを見越したミスリードの上手さや意表を突いてくる展開
バンクやお仕置きシーンを極力排除した濃密な構成
それでいてあくまでも平易なダイアローグ、そして極端な後味の悪さ。

善悪二元論で割り切れない世界観表現を一手に引き受けるため、
逆に他のライターは気兼ねなく様式美に特化できてしまう。

わかりやすく言えば、地獄少女における高木登のポジションは
パスを出すことにより山王・沢北を抜けるようになった流川楓である。
わかりにくいかもしれないけど。


もともとJホラーのシナリオからキャリアスタートした高木は
シリーズ構成を担当した「BACCANO!」スタッフブログでこう語っている。

「怖い」「怖くない」ではなく「面白い」「面白くない」の論理で作品を
つくりたいというフラストレーションが限界までたまっていたのです。
だから『地獄少女』の仕事は大いに堪能させてもらいました。
「どす黒い内心」(笑)を発露させてなおスタッフによろこばれ、
かつ視聴者にも受け入れられたのははじめての経験でした。


すでに切ってしまった人やシリーズ未見の方は
高木回だけ拾い見してみるのも一興かと思う。
おそらくどのエピソードを選んだとしても
それが高木回なら、この作品の醍醐味を確実に感じ取ることができる。



高木登・脚本回

地獄少女 第12話 「零れたカケラ達」不登校女生徒と教師
地獄少女 第14話 「袋小路の向こう」悪そうな町長と貧乏親娘
地獄少女 第23話 「病棟の光」非の打ち所のない看護士

地獄少女 二籠 第06話 「陽のあたる場所」保健室登校の少年の恋
地獄少女 二籠 第11話 「遠い隣室」アパート前で野良猫を拾う★
地獄少女 二籠 第18話 「あのひとの記録」母の介護

地獄少女 三鼎 第05話「うつせみ」モンペア婆ちゃん★
地獄少女 三鼎 第11話「滲んだ夏」猟奇小説をめぐる殺人事件とマスコミ
地獄少女 三鼎 第16話「誘惑の罠」工場で働くロリコン青年★


公式ページ

category: アニメ

tb: 0   cm: 5