大匙屋

健康第一

オランダとは一体どういう国か、という問題  

慰安婦対日非難決議案が米議会外交委に上程され可決
日本国会議員や有志がワシントンポストに出した意見広告が
逆効果になったとか言っているマスコミもいるけど
別に誤解されてもいいから言うべきことをきちんと言っていく姿勢は正しい。
それでアメリカ人が逆上しようが関係ないのだ。

小林よしのりが「今回の決議案が下院で採択されれば
慰安婦問題で国際的非難が巻き起こるのは必至」と言っていたので
ああオランダあたりが何か言ってくるかもなと思っていたら
本当にオランダが言ってきたので爆笑した。

オランダ下院議長が河野衆院議長に釈明求める書簡を送付

第二次大戦中の従軍慰安婦問題で、オランダ下院のフェルベート議長は28日、
日本の国会議員らが、女性を慰安婦として強制的に動員した事実はなかったと
反論する意見広告を米紙に掲載したことなどに関し、釈明を求める書簡を
河野洋平衆院議長に送付した。

日本占領下のインドネシアで慰安婦にされた国民がいるオランダでは、
安倍晋三首相の3月の「(動員に)強制性を裏付けるものはなかった」との
発言や意見広告を受け、バルケネンデ首相が「あまりにも不適切だ」と不快感を
表明している。(ブリュッセル共同)



「釈明を求める書簡を送付」てのが偉そうでいい。
いかにもオランダ人である。

日本人は面白がってオランダ村ハウステンボスやら作ってみたり
オランダは見晴らしのいい丘に風車が回って、赤や黄色のチューリップが咲き乱れている
のどかで牧歌的な国、と信じてる人が圧倒的に多そうだが大変な誤解である。
はっきり言うがオランダは朝鮮人など比較にならない重度反日国家だ。


第二次大戦中に日本軍はオランダが350年間植民地支配していたインドネシアに侵攻
在留していたオランダ軍をあっという間に撃退した。
戦争が終わった後オランダは再度インドネシアを支配しようと戻ってきたが
日本軍は戦時中、インドネシア民兵に兵法を指南し軍隊を設立させており
このインドネシア軍に残留日本兵までも荷担してオランダと独立戦争を展開
インドネシアはオランダ軍を退け東南アジアの中でいち早く独立を成し遂げた。


そんなアホなと思うかもしれないが
このことでオランダ人は今でも激しく日本を憎んでいる。


戦時中日本軍占領下のインドネシアには15万人のオランダ人が在留していたが
戦争で働き手を失って貧困にあえぐ女性たちの中には
売春婦に身をやつす人もいたりした。

やがて戦況が悪化するとすべての敵性外国人は軍抑留所に入れられたが
当然食事や衛生管理などは行き届かず不満が高まる。
この時のオランダ人はこの抑留所での生活の不衛生さを
「思い出すだけで我慢ならない屈辱」などと言うが
この施設はオランダ人が現地でインドネシア人奴隷のために作った宿舎だったりする。
それだけでもオランダ人がインドネシアの人々を植民地支配で
どのように扱ってきたかがわかるわけだが
戦況が悪化してることもあり、確かにひどい状態ではあったらしい。
日本人さえ食うに食えないのだから捕虜が食えないのは当然ではあるのだが
これに目をつけた軍の担当者と慰安所の業者が
好条件を提示すれば慰安婦が集めやすいと考えたようだ。

抑留所を管理していたジャカルタ第16軍軍政監部は、慰安所設立や慰安婦募集に関して
強制の禁止、自分の意思で慰安婦に応募したと同意書を取るよう通達していたが、
違反する部隊もあったらしい。
「白馬事件」と呼ばれたスマラン慰安所の強制売春事件はこの時起こった。

白馬事件

担当将校・警察・業者は、各地の抑留所から17才から28才の合計35人のオランダ人
女性を強制的に集め、スマランの慰安所に連行した。3月1日から営業を始め、
女性達は毎日強姦された。給料は払われず、暴行され、その上、性病を移された者、
妊娠した者がいる。しかし自分の娘を連れ去られたオランダ人リーダーの訴えにより、
陸軍省から捕虜調査に来た小田島董大佐の勧告により軍司令部は、1944年4月末に
4箇所の慰安所を閉鎖した。
しかしながら、日本軍は、当事者を軍法会議にかける事も処罰も行なわなかった。


戦後オランダ人女性の告発によりこの事件はB,C級法廷で裁かれ、
死刑を含む10数人の有罪者を出す。

しかしこの裁判では、スマラン慰安所の慰安婦集めに重要な役割を果たした
オランダ人のスマラン州長官や役人は逮捕もされず、証人として呼ばれてもいないし
証言もしていない。要するに女性たちの証言のみで一方的に「すべてが日本軍の強制」
として断罪されたことになる。
そして再三の要求にも関わらず、オランダ政府は現在まで
この事件を扱った裁判の記録を一切公表していない。
つまり、スマラン事件は「慰安婦強制連行」の事件として有名ではあるが
実はその証拠となるものは出ていない。


ちなみに東京裁判でのオランダ判事によって出された日本人への絞首刑判決は226件
これは他戦勝国出身判事に比べても抜きん出ている。


第2次大戦における日本のオランダに対する賠償問題は、1951年のサンフランシスコ
講和条約と1956年の「日蘭議定書」により法的には解決され、日本側は当時の金額で
1千万ドル(36億円)を「見舞金」名目で元捕虜や民間人へ支払った。
(現在の価格で1000億円以上)

この時の日蘭議定書には「オランダ王国政府は、同政府又はオランダ国民が、
第二次世界大戦の間に日本国政府の機関がオランダ国民に与えた苦痛について、
いかなる請求をも日本国政府に対して提起しないことを確認する」とある。

しかし、1990年に対日道義的債務基金(JES)が結成され、日本政府に対して法的責任を
認めて一人当たり約2万ドルの補償をもとめる運動がはじまった。
これに対し日本は2億5500万円を支払い、2001年「償い事業」が終了した。
これらオランダの日本に対する要求は、実際に支配を受けていたインドネシアを
初めとする東南アジア諸国から強い反発がある。(→Wikipedia)


2005年に国連常任理事国入りのために各国をロビー訪問した小泉がオランダに渡り
バルケネンデ首相と会談したが、バルネケンデは、特に理由はないが日本の国連常任
理事国入りを支持しないと明言。
第二次世界大戦中のオランダ人捕虜の待遇に関して謝罪を要求した。
ちなみに竹下元首相も海部元首相もオランダを訪問しているが
2人ともその都度オランダ首相との会談で謝罪を要求されている。
天皇陛下も外遊でオランダを訪問したことがあるが
車列に生卵を投げつけられ罵声を浴びている。

1991年ヴェアトリクス女王が来日したが、宮中晩餐会で「太平洋戦争で数多くの
オランダ人が犠牲になり十万の民間人が何年もの間勾留された」と発言した。
ヴェアトリクス女王は事前に天皇との会見で謝罪を要求している。
その後この女王は1995年にインドネシアを訪問して、謝罪はおろか
「植民地支配は互恵的であった」とスピーチし、インドネシア人を唖然とさせた。
ちなみにインドネシア独立に際し、オランダは60億ドルの代償金を請求し
スマトラ油田の開発費を弁償させ不動産などの資産を保全させている。


つまりオランダは
自分たちがインドネシアで350年間何をしてきたかは棚上げした上で
「何度謝ろうと何度でも謝り続けろ。そして賠償金のおかわりをよこせ」と
日本に言い続けている狂信的な反日国家であり
その意識は一般国民にまで深く浸透している。

浸透しているというより、もともとそういう人たちなのだと考えたほうがいい。
ルディ・カウスブルックというオランダ人評論家は
こうしたオランダ人の反日感情を自ら次のように分析している。

「自分たちオランダ人が350年間にわたって享受してきた“優雅”な植民地支配を、
突然“醜い劣等人種”によって打ち砕かれたことへの屈辱感」


ここまで来れば冒頭の僕の爆笑の意味がおわかりだろう。
別にオランダごときを不用意に敵視する必要はまったくないが
こうした事実を知っているのといないのとでは
阿漕な要求が突きつけられたときの対応に微妙な温度差が生じる。

要するに、オランダが何か言ってきたら
ああまたオランダか、くらいに思っとけばいいのである。


スポンサーサイト

category: 雑感

「ウエルベールの物語」2期制作決定、と言われても…  




最終話ラスト、この絵見て
2期やんの?と思って吹いちゃったんですが。


伏線の未回収がやたら多いのは
最初から2期制作が決定してたからじゃないですかね。
リタとティナそれぞれの物語を1クールずつとかで。

「死神蜂の男」とか意味有り気に出てきてたわりには
道中まったりしすぎで急ぐ様子もなかったですし
珍道中に数日かけて結局はサンガトラスに行くことになったけど
リタのお兄さんは不審船で即日着いちゃってますし
大戦艦は手ぶらの工作員3人で爆破しちゃってますし
一見要塞のようなゲルニア島は防御力ゼロでジン一人で攻略してますし
普通にサンガトラスとウエルベールが戦争になっても
ウエルベールが圧勝するような気がします。

これならグリーダムを目指す意味はなかったような気がするし
丸1話使って紛失トラブルまでやった親書も最後まで役に立ってない。

珍道中の微笑ましさがあったかと思えば
突然猟奇殺人やら愛憎の果ての決闘やら入ってくるし
お姫様の非常識ぶりは活きていたけれど女盗賊が活躍する場面は少なく、
そのわりにガラハドをめぐる脇道のストーリーは変に充実していたり
シリーズを通して主軸となる「物語」が存在してなかった。

猟奇殺人鬼であるゲルニアとガラハドの物語に絞ったほうが
サスペンス話として面白くなったんじゃないかな。
あるいはそのへんの話は思い切ってバッサリ切ってしまって
リタとティナが打ち解け、信頼を育んでいく女の友情物語を
もっとじっくり丁寧に描くべきだったのではないかと。
いずれにしても、惜しい作品でした。






公式ページ


gooアニメ・先行場面カット公開!! リタとティナの旅はまだ終わらない!『ウエルベールの物語』第二部制作決定!

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

「GUNSLINGER GIRL」続編はまだ制作検討の段階  

先日「ガンスリンガー・ガール」の続編が制作決定という情報があったものの
情報ソースであった(株)マーベラス決算説明会の資料がその後修正され
当該情報が削除されていたため、事実確認をしたいと思い問い合わせました。



平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

お問い合わせいただきました件、
「GUNSLINGER GIRL」の続編制作を検討している段階です。

進展ございましたら、
弊社ホームページまたは連載誌である月刊コミック電撃大王(メディアワークス
刊)にて発表させて頂きます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

------------------------------
株式会社マーベラスエンターテイメント
ユーザーサポート係



文面から推察するに、企画そのものはあるのだけれど
まだ正式に制作発表できるほどの段階ではないという事のようですね。
少なくとも、今期来期という話でないことは確かのようです。
となると決算説明会資料の件も単なる勇み足だったのか。残念。

「ガンスリ」は僕的にも、この10年でベスト5に入る作品です。
「美少女+ガンアクションのアニメ」と聞き、いかにもなオタ向け萌えアニメを
想像しながら本編を見て、そのあまりの出来の良さに軽い鬱状態になるほど
ショックを受けてから早三年ですか。
主役であるヘンリエッタのCV南里侑香さんが声優引退状態という話も
聞きますが、どうなるのかな。

どうにか制作決定に漕ぎつけてくれれば嬉しいのですが。



公式ページ

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

7月新作アニメとか  

湾岸MIDNIGHT 公式 イニD4スタッフ
鉄子の旅 公式 「鉄子」とは女性の鉄道ファンを示す造語。SUPER BELL"Zが音楽
ケンコー全裸系水泳部 ウミショー 公式 少年マガジン連載。スク水とか。
School Days 公式 原作はBAD ENDが見ものという「鬱ゲー」。後藤潤二出世作
ZOMBIE-LOAN 公式 ローゼンのPEACH-PIT。西森章監督←御大の弟子だっけ
ムシウタ 公式 岩井恭平著ラノベ原作。酒井和男さんが監督デビューですね。
スカイガールズ 公式 美少女+強化外骨格。監督岩崎良明。メカデザ明貴美加。
ひぐらしのなく頃に解 公式 待望の2期。キャラデザインが少し変更と聞きましたが
ゼロの使い魔 ~双月の騎士~ 公式 今回はクロノクルセイドの紅優氏が監督。
シグルイ 公式 ホントにやるんですかこれ
バッカーノ! 公式 ラノベ。30年代アメリカ。キャラデ岸田隆宏。監督大森貴弘。

CODE-E 公式 ポリフォニカの榊一郎原作脚本。かの香織(!)が音楽やるらしい。
ぽてまよ 公式 御形屋はるか原作の4コマ。猫耳物。監督はげんしけんの池端隆史。
ドージンワーク 公式 同人誌とか即売会とか、そっち系。まじぽかスタッフだそうです。
さよなら絶望先生 公式 久米田康治原作。ネギまスタッフだそうです。
もえたん 公式 原作は英単語参考書らしいですが40万部売ったそうです。異色作なのか?
モノノ怪 公式 『怪~ayakashi~』で大反響を呼んだ「化猫」スピンアウト全12話。
ななついろ★ドロップス 公式 恋ゲー原作。キャラいとうのいぢ。スタジオバルセロナ。
こどものじかん 公式 私屋カヲル原作。なんと菅沼栄治さんが監督やるそうです。
装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 公式 懐かしい前作シリーズの前日憚。スタッフ凄そう。



category: アニメ

tb: 0   cm: 0

サハリンに住んでる自称韓国人の皆さんに3億円あげちゃいます。  

太平洋戦争終了後、ソビエト連邦の支配下に置かれた樺太(サハリン)に
残留せざるを得なくなった朝鮮民族がいた。

戦時中、資源採掘現場の労働者として多くの人々が樺太に徴用された。
もちろん内地の日本人もいたし、当時日本人だった朝鮮半島の朝鮮民族もいた。
終戦後ソ連が樺太を占領し、ほどなく朝鮮半島が米ソによって南北に分断され、
ソ連と韓国は国交を持たなかったため、朝鮮半島南部出身の朝鮮民族は
そのまま故郷に戻れなくなってしまった。これがいわゆる「在樺コリアン」である。

朝鮮人はよく「日本が終戦時、同胞をサハリンに置き去りにした」などと言うが
これは間違いで、在樺コリアンが棄民となったのは冷戦構造が直接の原因である。
米ソ引揚協定により、ソ連領土よりの引き揚げ対象者は日本人限定とされ
引揚者の選択もソ連当局が行うとされた。
実際には日本人も帰国させてはもらえず、同協定が日本人俘虜の「シベリア抑留」
などの悲劇を生んだわけだが、要するにすべては米ソを中心とした冷戦に
端を発する問題であり、この引き揚げに関して
日本政府が介入する余地はまったく無かったわけだ。

にもかかわらず、現在までずっと日本政府はこの「在樺コリアン」に対して、
「戦後補償」として毎年莫大な予算を拠出し続けている、という事実をご存知だろうか。

しかも現在の補償対象者は、韓国には縁もゆかりもない、
戦後北朝鮮から樺太に移り住んだ人々。
こういう人たちに、何故日本国民が責任を負わなければならないのだろう?




先日成立した政府の平成19年度予算に「在サハリン『韓国人』支援」名目で
盛り込まれた予算は3億円。
この「在サハリン『韓国人』支援」で政府が拠出してきた金はすでに70億円近い。
それが昨年秋、韓国側は「まだサハリンには韓国への永住希望者が3000人以上も
残っている。今年夏以降、数百人単位で順次、帰国させたい」として、日本側に新たな
支援を求めてきた。


韓国・ソウルから電車で約1時間の安山市に、サハリンからの永住帰国者約1000人が住む「故郷の村」のアパート群がある。2000年に日本が建設費約27億円を出して造った(土地代・維持費は韓国側が負担)施設だ。

バス・トイレ付きの2LDK。家賃は無料、生活費として1世帯あたり日本円にして約10万円が韓国側から支給されるから、ぜいたくさえしなければ生活に心配はない。

ほかに、病弱者を対象とした療養院もあり、建設費はもちろんヘルパー代まで日本が出している。これらは平成7年、周辺国への「謝罪」に熱心だった村山内閣時に決定されたものだ。

日本の支援はこれだけではない。日韓の赤十字が運営する共同事業体に拠出する形で、▽永住帰国はしないが、韓国への一時帰国を希望する人たちのサハリンからの往復渡航費と滞在費を負担(今年3月までに延べ1万6146人が一時帰国)▽サハリンに残る「韓国人」のための文化センター建設(04年竣工(しゅんこう)、総工費約5億円)-など、相手方から求められるまま、至れりつくせりの支援が行われてきた。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/55425/


もともと在樺コリアン支援は民間でスタートした。
「樺太帰還韓国人会」というNPOを立ち上げ数十年地道に活動してこられた故・朴魯学さん
という方がいて、国交がないため帰国できない在樺コリアンと韓国側に住む親族を
日本国内に招待して再会させたり、一時帰国のための法的支援をしたりしていた。
当時ソ連は北朝鮮の顔を立てて、在樺コリアンの韓国への「帰国」は許さなかったが
「日本で家族と再会するのはかまわない」という立場を取った。
また、「北」への帰国は認められたため
数千人に及ぶ「南」出身者が戦後北朝鮮へ「帰国」し行方不明になっている。

1983年に衆議院議員草川昭三氏の単独サハリン訪問をきっかけに、家族再会支援が
国の事業として行われるようになった。
ちなみにこの時、当時の社会党は「サハリンの朝鮮人はみな朝鮮民主主義人民共和国の
国民と認められるから韓国に還すことに協力出来ない」という立場を取った。

在樺コリアンたちはこの時、自らの立場や国際情勢をそれなりに理解していたし
サハリンの生活もそれなりに豊かなもので、支援には感謝するが別に日本に対して
恨みがあるわけではない、ただもう一度故郷を見たい、家族に会いたいという
素朴な願いがあっただけだった。
つまりこの時点で在樺コリアン家族再会事業は軌道に乗り、順調だった。
その後韓・ロの国交が回復、中継地としての日本の役割は終わったと言っていい。

しかし1987年、政府内に「サハリン残留韓国、朝鮮人問題議員懇談会」が立ち上がる。
この懇談会の設立には旧日本帝国政府の悪事を糾弾し続ける高木健一弁護士が尽力した。
高木は1975年、4人の在樺コリアンを原告とする樺太残留者帰還請求訴訟を起していた。
わざわざ樺太まで行って「棄民となったのは日帝のせいだから日本で訴えろ。金になるぞ」と在樺コリアンに呼びかけ、裁判を起していたわけだ。
いわゆる「従軍慰安婦」訴訟と同じパターンである。

同懇談会は社会党の五十嵐広三衆議院議員(北海道出身)が中心となり、「戦後補償の
文脈」で同支援を外務省予算化するに至る。
すでに順調に終了しつつあった再会事業が唐突に戦争責任の問題に転化されたのだ。
援助額もそれまで年1億円程度に留まっていたが、村山内閣で32億円に跳ね上がる。
本来「家族の再会」が目的だったはずの在樺コリアン支援事業の対象者は
この時すでに半分近くが戦争とは全く関係なくサハリンの住民になったコリアンだった。
五十嵐広三はサハリン訪問に大勢の北海道関係者・北海道マスコミを連れて行き
事業成果を強調して自身の選挙活動に利用していたわけである。



サハリンのコリアンは、日本の支援で大挙してタダで韓国に渡るようになり、
韓国で沢山の物品を購入してサハリンに戻り、
買ってきた品々をモノ不足のロシアで高値で売りさばき、どんどん豊かになっていった。
かつては韓国への永住希望者などまれだったが、今では多くの在樺コリアンが
韓国への永住を希望するようになった。
「日本からの生活支援が受けられれば」という条件つきで。
これが「まだサハリンには韓国への永住希望者が3000人以上も残っている」
という話の正体だ。

そして今、「すべての原因はサハリンに朝鮮人を『強制連行』した日本にあり
日本が在樺コリアンを支援するのは当然の責任」と朝鮮人は言う。
潘基文が日本で「支援よろしくね」と偉そうに言い
麻生太郎が「考えておきます」と答えている。
そして何十億円だかわからないけど国民の税金を湯水のようにばらまいて
「これも戦後処理だからしかたないんだ」と勝手に納得している。


歪められた歴史が、そのまま罷り通って誰も否定しないという構造が
ここにも発生しており、与野党一丸となってこのバカな「支援」を続けているわけだ。
そして今日までに、このよくわからない「在樺コリアン」相手に拠出し続けたお金が70億円。
さらに今年3億円。しかも増資の可能性もある。

さあ果たして、いつまでこのおかしな「支援」は続くのでしょうか。



参考URL
「サハリン残留補償」をデッチ上げたのは誰だ

category: 雑感

tb: 0   cm: 0