大匙屋

健康第一

2017冬アニメ ハンドシェイカー  

とりあえず配色の話から。


8302017004009_070410180.jpg

A0A060
C0A0C0
A0C0C0
A08080
E0F0F0
C0E0C0
80A0A0






日常、研究室。緑と紫。光源に近い方に緑を置いて紫をカゲ色として使用(逆になってるところもある。)
同じ色調=トーンで統一(ドミナントトーン)

8302017002026_130380470.jpg8302017002026_130540010.jpg

※ちな背景に飾ってある絵は劇伴に使用されてる「GOON TRAX (グーン・トラックス)」レーベルの各ジャケ写だそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=F8kKLGO8_Cw
音楽はあちこちで高評価を聞きますね。こういうジャンル何ていうんだ。ニューエイジ?


8302017004008_160510570.jpg

202040
6060C0
002040
8080C0
404060
C0C0C0
C0C0E0




バトルフィールド 敵味方を問わず青・紫ベース、コントラスト重視、ナチュラルハーモニー



8302017002026_060200220.jpg8302017002026_060200230.jpg

回想シーケンスはオレンジ、セピア系を使用これも基本的。


8302017002026_060200120.jpg

昼間の外風景、植栽など緑は緑として表現される。日常慣れ親しんでいる色彩調和から大きく逸脱できないためか、緑を手掛かりに配色していってる感じですかね。研究室で紫をカゲに使用するのも、単に補色で対照性がきわだつからという理由でいいんだろうか?
なんかもっと具体的な意図がある気がするんですが、思いつかない。どういう発想でこの色彩が組み立てられていったのか。


7792016001024_170070050.jpg
■K RETURN OF KINGS (2015)

「K」では各クランの色をそのまま勢力関係として表現していた。これはわかりやすかった。

8302017004010_200060460.jpg8302017004010_200110470.jpg
■ステップ・アップ2 ザ・ストリート (2008)

ちなみにこれが「K」のカラーリング元ネタと思われる映画ステップ・アップ2


「ハンドシェイカー」もこの延長線にありつつ、ペイルトーンやグレイッシュトーンといった淡い色調でまとめていてやはりどこか違う。「K」に比べてさらにきめ細かく配色してあるように見える。
そもそもなんで「光源に緑色」なんだろう?と

8302017004010_070230149.jpg
■ブリューゲル「バベルの塔」(1563年)

でまあ無理やり考えたんですけど、「バベルの啓示」やら「ジグラート」やら「ニムロデ」が重要キーワードなんで、このへんもアリかな。聖書ネタを散りばめていながら、美術設定の段階でこの絵を意識しないとは考えにくい。なのでハンドシェイカーの緑色はここから来てるんじゃないかなと思う。まあ全然違うかもしれないですけど。

ところでこの絵の左下にいるのが神に反逆したバビロニアのニムロデ王です。


8302017004010_070220050.jpg8302017003019_210240490.jpg8302017004011_190440180.jpg8302017004011_190290200.jpg

ゴーハンズのカラーグレーディングって独自の作風を際立たせる効果があるのは勿論だけど、ぶっちゃけると仕上と特効の省力化が最大のメリットだと思いますわ。キャラクターは目と髪を除きハイライトとカゲのフラットな塗り、プロップやCG美術等も色味によって馴染ませてるようだし、作画は終盤には息切れしていた。闇雲に動きまくるのでさすがに無理もない。今回も撮影さんはめっちゃ頑張ってた。

僕は撮影領域や色彩ばかり見てました。退屈しなかったなあ。物語のほうはまあ、いろいろと惜しい。





■ハンドシェイカー http://project-hs.net/

「つないだ手を離せば死ぬ。負ければ死ぬ」――悪夢のような宿命を背負う少女・コヨリ。期せずして彼女のパートナーに選ばれた高校生タヅナは、啓示を受けて「ハンドシェイカー」となり、異空間ジグラートでの、敗北を許されない戦闘にその身を投じていく。コヨリの手を握ったまま、コヨリを護るため、彼女に呪いを掛けた「神」に反逆するために。

というような話でした。


8302017002026_130270370.jpg

物語はバトルがメイン、問題解決もすべてバトル、01~08話まですべての内容は09話のためにある。そんな構成です。なのでバトルが魅力的であってほしいのですが、まあ名物のカメラワークは素晴らしく見ごたえがあるものの、もうちょっとバトル自体が内容的に面白ければ成功しただろうにという感じです。

視聴者が見たいのはタヅナと覚醒したコヨリのペアがいかに圧倒的かという部分では? 09話の内容をもう少し前倒して、二人がそれまでとはレベルの違う戦いを見せるエピソードが必要だったと思う。
そういえばOPには出ていたのに本編には出てこなかったペアがいましたね。何だったんだあれ。


8302017002026_130310130.jpg8302017002026_130310100.jpg8302017002026_130310120.jpg


追い込まれてからの大逆転とか、痛恨ミスで自滅とか、山場や局面の変化といった緩急がないし、アイデアもない。そもそも立ちはだかる敵が手強くない。ワーワーボコボコで淡々としている。

「K」の、とりわけ杉田芳忠戦などでも思ったことですが、演出家としての鈴木信吾さんはアクションには興味あるけどバトル自体にはあまり興味がない方なんじゃないですかね。もしくは、戦いがもたらす感動みたいなものを一切信用してない、根っから日常ドラマの人なのかもしれない。勝った方がなぜ勝てたのか、敗者にどんな落ち度があったのか、見ていても全然わからないことが多い。これは演出家の本質の部分によるところなんじゃないか。

「ハンドシェイカー」に関しては金澤洪充さんのカラーが色濃く出てるはずですが、おそらくGoHandsはみんなで知恵を出し合って、物語を練りに練っているはずです。練った結果として昨今の視聴者に受けなそうなストレス要素が徹底排除され、妙に毒気の薄いものが出来上がってしまったように見える。ストレスはたまらないけど、カタルシスも弱い。

GoHandsはバトル物やらずにプリラバみたいなものをもっとやるべきだと思う次第ですよ。
ちょっと流れを変えたほうがいい。余計なお世話ですけど。





#02
8302017004009_07041bc01.gif8302017004009_07041bc02.gif

8302017004009_07041bc03.gif8302017004009_07041bc04.gif
スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 3

コメント

最近色彩周りの話題が増えたのは、趣向変えですか?

URL | h #-
2017/04/14 00:11 | edit

最近色彩回りの話題が増えたのは、趣向変えですか?

URL | ななし #-
2017/04/14 00:11 | edit

Re:

そうですね、これについてはまだ端緒を開いたばかりで。語りたいことがいくつかあるんですが、それ以前に語り方そのものを模索中です

URL | 管理人 #pBoZlR9Y
2017/04/15 05:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sajiya.blog89.fc2.com/tb.php/578-7371b948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)